国内バイナリーオプションの情報まとめ【業者の比較から始め方まで】

情報まとめ

「バイナリーオプション始めたいんだけど、どうしたら良いんだろう・・・?」

「国内のバイナリーオプションってぶっちゃけどうなの?」

「国内のバイナリーオプション、おすすめの業者は?」

など、国内のバイナリーオプションについて色々と調べているそこのあなた!

 

バイナリーオプションを始めたい、でもどうしても海外だと危ない気がするんだよなー・・・とマイナスなイメージ、持ってませんか?

どうしても詐欺や借金など、良いイメージがないバイナリーオプション。

もう色々と調べている中で、国内は規制もあるし、そんな稼げないでしょ?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方に、この記事では、

・国内のバイナリーオプションの評判や2019年度の状況(安全面について)

・国内のバイナリーオプションおすすめの業者(比較も含めて)

・バイナリーオプションの実際の始め方

・バイナリーオプションの国内と海外の業者の違い

について解説していきます!

国内のバイナリーオプションの情報を知りたい方は、是非最後までお付き合い下さい。

 

【2019年度】国内のバイナリーオプションは安全?

安全かどうか

バイナリーオプションが2009年から日本で始まり、早10年が経ちました。

2013年に大幅な規制が行われ、安全と引き換えに稼ぎにくくなった国内のバイナリーオプション。

その規制から逃れている海外のバイナリーオプション業者は、日本の金融庁より危険と告知をされるも、その気軽さと稼ぎやすさからとても人気がありました。

 

しかし「オプション99」という詐欺業者が突如2ちゃんねるに出現。

こぞって皆入金をして始めようとした所、オプション99が出金拒否をし、消費者センターへの問い合わせが急増。

その結果「バイナリーオプションは詐欺だ」「海外のバイナリーオプションは危なすぎる・・・」と言われるようになり、バイナリーオプション=詐欺というイメージが付いてしまいました。

 

2019年現在、被害件数もほとんどなく、副業や投資について注目されている中、バイナリーオプション自体の信用も取り戻しつつあるようです。

しかし、未だツールや商材に関しては高額な物を買ったのに勝てない、と言った口コミも聞かれます。

が、国内の業者(証券会社)に関しては問題はないと言えるでしょう。

 

バイナリーオプションの国内の評判について

評判に関して

最初の記事で書いたように、バイナリーオプションではよく悪い評判も聞かれます。

 

そのほとんどは海外の業者に関する事で、出金問題が一番多いようです。

ただその海外の業者も大半は倒産しており、ハイローオーストラリアなど、有名かつ安全が保証されている業者であれば、その問題はないようです。

 

では、国内はどうなのか?

評判は良いものが多いですが、ただ稼げないといった口コミが多く聞かれました。

実際の口コミを何件かご紹介致します。

30代会社員男性、Aさん

使っている業者:国内バイナリーオプション業者(GMOクリック証券)

おすすめできる?:はい

おすすめ出来る理由:

バイナリーオプションでの投資は初めてなのですが、少ない資金で始められる国内のバイナリーオプションを選びました。

毎日バイナリーオプションをやるのが楽しいです。

今は分析を勉強していてなかなか勝ててはいませんが、勝てるようになってきて余裕が出てきたら、投資の幅を広げてFXや株式投資にも挑戦したいと思っています。

 

20代会社員女性、Bさん

使っている業者:国内バイナリーオプション業者(外為オプション)

おすすめできる?:いいえ

おすすめ出来る理由:

安心出来る国内のバイナリーオプション業者で始めたのですが、ペイアウトが最高でも1000円なので、どうしても稼ぎづらいですね・・・。

国内のバイナリーオプションは、ローリスクローリターンですね。

利益が欲しいから、ハイローオーストラリアとか海外でも安心できるバイナリーオプション業者に変えようか、と思っています。

 

20代会社員男性、Cさん

使っている業者:国内バイナリーオプション業者(ヒロセ通商のLION BO)

おすすめできる?:はい

おすすめ出来る理由:

僕は安全な国内バイナリーオプション業者のヒロセ通商のLION BOを使っています。

国内業者は大きな利益は見込めませんが、ペイアウト1000円を地道に積み重ねてちょっとしたお小遣い稼ぎとしています。

ただ始めは勝てない事が多いと思うので、絶対に資金管理は余裕持って行った方が良いと思います。

 

以上、3名の方の口コミをご紹介しました。

やはり国内では規制により稼げないものの、ローリスクである事からコツコツ地道に稼いでいきたい、という方には向いているようです。

では、ここで②と③の方のお話にもあった、ペイアウト率に関して触れていきたいと思います。

 

国内バイナリーオプションのペイアウト率って?

お金が戻ってくる

国内は金融庁の規制により、ペイアウトの金額は1枚につき1000円や10000円と固定されています。

例えば国内の業者のGMOクリック証券の場合、1枚50円からとローリスクな分、どれだけ上がっても1000円です。

海外の業者では、例えば1万円を投資したとして勝利すると、7000~10000円くらいの利益が発生します。

それを考えると、国内は稼ぐには向いてないと言われるのも無理はないと思います。

 

続いてペイアウト率ですが、上記したように海外の業者では取引時間に関係なくペイアウト率が決まっており、大体1.7~2.0倍です。

しかし、規制後の国内業者では残り時間、目標レートによってペイアウト率が変動します。

 

簡単に予想しやすい取引ではペイアウト率は低く、逆に難しい取引では高いペイアウト率となるように調整されています。

ただ最低取引金額が50円など、リスクはかなり低く出来るので、そういった点では国内の業者はとてもおすすめです。

国内でのバイナリーオプション業者の中でもペイアウト率や金額が異なるので、どの業者で運用していくべきかは、十分に情報を集めていく必要があります。

この記事がその一助となりましたら幸いです^^

 

国内のバイナリーオプション業者(証券会社)選びのポイント

ポイントを示す

国内のバイナリーオプション業者の特徴として、まずは安全、安心感が挙げられます。

 

国内のバイナリーオプション業者(証券会社)は海外のバイナリーオプションを除き、日本の金融庁より認定許可された1種免許を持っている金融機関(証券会社)が提供しています。

一般的には、許可認定をされた金融機関は登録番号を持っており、公式ホームページに以下のような記載が必ずされています。

登録番号:関東財務局長(金商)第〇〇号(金融商品取引業者)/一般社団法人 

金融先物取引業協会加入 会員番号〇〇

これにより投資金の信託や取引ルールに対して、国内の法律やルールが適応されます。

よって安心して国内のバイナリーオプションが利用出来ます。

その為、以上の登録番号の確認を念のためしておくと良いでしょう(有名な国内のバイナリーオプション業者では問題ないかと思いますが・・・)。

 

次に国内のバイナリーオプション業者の特長をしっかり把握する事が必要です。

具体的には、

・バイナリーオプションの取引の種類

・通貨ペア(銘柄)の豊富さ

・最小購入金額

・権利放棄機能(損切り)の有無

・スマホ専用アプリの有無

などなど、確認しておくと良いでしょう。

では、上記を踏まえた上で国内のバイナリーオプション業者を比較していきたいと思います!

 

国内のバイナリーオプション業者の比較

比較している

では、ここで国内のバイナリーオプション業者の比較表をご覧ください。

バイナリーオプション会社名 オプション 通貨ペア 最小購入金額 権利放棄 アプリ
①GMOクリック証券 ラダー 約50~999円 あり あり
②YJFX(オプトレ!) ラダー・レンジ 約10~990円 あり あり
③IG証券 ラダー・レンジ・ワンタッチ 23 ※詳しくは後程 あり あり
④FXTF(バイトレ) ラダー・レンジ・ワンタッチ 約30~999円 あり あり
⑤みんなのオプション ラダー・レンジ 50~990円 あり あり

 

では、次に上記の表に挙げた5社の特徴をご紹介致します。

 

①GMOクリック証券【外為オプション】

GMOクリック証券を表す図

FX取引高で7年連続で世界1位のGMOクリック証券、という事もあり、国内のバイナリーオプション業者では最も人気があります。

スマホ、タブレット等のバイナリーオプション取引専用ツールも充実しており、国内の業者のアプリで唯一テクニカル指標を表示させる事が出来ます。

パソコンでは分析専用の高機能チャートも使えますし、非常に操作しやすいとの口コミが多いです。

また、最近では「株価指数バイナリーオプション」が登場し、日経225やNYダウといった銘柄でもバイナリーオプションが出来るようになったのも、大きな利点です。

 

②YJFX(オプトレ!)

オプトレ!

オプトレ!は8種類という豊富な通貨ペア、判定時刻1分前まで取引が出来る事などがおすすめな点です。

また、最低取引金額が10円からと他の業者と比べてもよりローリスクで取引が出来ます。

更に、ラダーオプションだけでなく、目標レンジをより広く選ぶ事が出来る「ワイドレンジ機能」が付いたレンジオプションで取引が出来るのも大きい利点です。

 

③IG証券

IG証券

日本で初めてバイナリーオプションのサービスを提供したのがIG証券です。

初心者から中~上級者にも人気があり、国内で唯一と言って良いほど多い23種類もの取引銘柄を誇り、原油などの商品も取引可能です。

比較表の最低取引金額の欄は※としましたが、IG証券の場合やや特殊で、変動する1~100ポイントをどれかを購入する形でペイアウトが決定します。

取引金額としては1000円未満から行えます。

また、IG証券ではラダー・レンジ・ワンタッチオプションの3種類の取引が行えるのも大きい利点です。

 

④FXTF(バイトレ)

バイナリーオプション バイトレ

ゴールデンウェイ・ジャパンが提供するFXTF(バイトレ)もラダー・レンジ・ワンタッチオプションの3種類の取引が行えます。

また、パソコン版のチャートはテクニカル分析も行えるチャート機能がある為、分析もしやすい事が利点として挙げられます。

ちなみにバイトレでは未来の値動きを自動で予測する「FXTF未来チャート」という取引サポートツールあります。

過去の類似したチャート形状を自動検出し、未来の値動きを予測するという相場予想ツールなのんで、初心者の方には非常に役立つかと思います。

 

⑤みんなのオプション

トレイダーズ証券 みんなのオプション

トレイダーズ証券が提供する「みんなのオプション」は名前からもわかる通り、初心者にも使いやすいと好評の取引画面が魅力です。

操作性もわかりやすく、3ステップで完結します。

オプションもラダー・レンジオプションから取引ができ、口座開設するとFX口座の「みんなのFX」も利用出来ます。

 

国内のバイナリーオプション業者、おすすめって?

おすすめをする女性

国内のバイナリーオプション業者の比較を行いましたが、実際の所おすすめはどこなのか?

結論から言うと、YJFX(オプトレ!)です。

オプトレ!では初心者の方にも、中~上級者の方にも嬉しい特長が3つあります。

①通貨ペアが8種類!

先ほどにもあったIG証券の23銘柄から見ると少ないと思われるかもしれません。

しかし、GMOクリック証券を始めとしたメジャーな国内業者のほとんどは4~6種類ですので、国内業者の中では比較的豊富な数と言えます。

以下に通貨ペアの8種類を載せます。

米ドル/円、ユーロ/円、英ポンド/円、ユーロ/米ドル

豪ドル/円、NZドル/円、英ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル

以上の8種類なのですが、豪ドル/米ドルなど他になかなか見ない通貨ペアがあるので、その分チャンスも多いのが特長であり、中~上級者の方もオプトレ!を使う理由と言えます。

 

②判定時刻の1分前まで取引出来る!

これは国内業者の多くで見られる2分前と比べると大きな利点です。

1分というと小さいように感じるかもしれません。

しかし、バイナリーオプションにおける判定時刻直前の1分の差というのはとても大きいです。

判定時刻ギリギリに引き付けるテクニックを使う事で、取引を成功させている方も多くいらっしゃいます。

 

③最低取引可能金額が10円から!

これはGMOクリック証券の50円と比べてもとても低く、ローコストで取引が出来る点も大きな利点です。

始めたばかりの慣れない内は、少ない金額で実践的な練習を積み重ねていく事も上達のコツです。そういった点でも、オプトレ!は特に初心者の方におすすめ出来ます。

 

国内のバイナリーオプションの始め方

始め方

では、実際に国内のバイナリーオプションの始め方、特に口座開設の方法や申込基準について解説をしていきます。

口座を開設してしまえば、後は入金して取引するだけですしね^^

今回は国内のバイナリーオプション業者でも一番人気のGMOクリック証券の「外為オプション」を例に進めていきます。

が、バイナリーオプション口座単体では口座開設が出来ないため、通常のFX口座と同時に口座申込を行う必要があります。

 

また、おすすめの業者としてYJFX、オプトレ!を挙げましたが、みんなのオプションの方が使いやすかったり、IG証券では通貨ペアが多いなどそれぞれの業者に特色があります。

なので、まずは口座開設だけでも行ってデモ取引など試してみるのも一つの手です。

 

口座開設の申込について

 

まずはウェブサイトから口座開設の申込をし、本人確認書類を提出します。

口座開設の申込は大体5~10分くらいで行えます。

その際に証券会社に勤めていない事など、口座開設の申込基準がありますが、基本的には問題はないかと思います(ただ満20歳以上でないと出来ないので、未成年の方でご覧になっている方がいたら申し訳ございません・・・)。

 

基本的には申込基準はどの国内業者も変わらないので、20歳以上であればフリーターの方でも口座開設出来ます。

また、バイナリーオプションには申込基準と合わせて取引基準もあるので、その基準を満たしていない場合には取引出来ない可能性もあります。

これは規制の厳しい国内ならでは、と言っても良いかもしれません。

以下にその基準を載せます。

 

・金融資産100万円以上

・年収が200万円未満の場合は、金融資産が300万円以上

・年齢が20歳以上、80歳未満であること

・デリバティブ取引(先物取引やスワップ取引など)、またはそれに類する取引の経験が  1年以上あること

・原則、金融商品取引業者の従業員でない事

 

上記の5点はGMOクリック証券の外為オプションで口座開設する際に必要なので、条件を満たしているか確認が必要です。

金融資産をちゃんと保有しているかどうかが大切になってきますね。

 

バイナリーオプションを始める際の注意点

 

口座開設に際して、注意点がいくつかあります。

 

①本人確認書類にマイナンバーカードも必要

本人確認書類として、運転免許証と近年法制化されたマイナンバーカードも必要です。

最近は必要になる事も多いですが、どこかになくしてしまった・・・なんて場合は再発行が必要です。

顔写真付きの身分証明書がない方は、保険証や住民票の写しなどが2点あれば大丈夫です。

 

②バイナリーオプションでも審査落ちがある

申込基準での金融資産など厳しい基準があったり、書類のチェック漏れや写真データが不鮮明だと審査に落ちてしまう場合があります。

審査に落ちても再審査は可能ですが、出来るだけ不備などはないようにしましょう。

 

③自動売買ツール(EA)は使わない

業者によってはEAによるサーバーの負担を考慮し、口座凍結されてしまう危険性があります。

特にバイナリーオプションのEAは信用ならないツールもあったりするので、出来るだけEAには頼らず、少しずつでも自分の実力を付けていきましょう。

 

国内のバイナリーオプションでデモ取引をやってみよう

取引をする

では、口座開設の申込をして、申請が下りるまでの間にデモ取引をして、感覚をドンドン掴んでいきましょう。

デモ取引を使う必要性ってあるの?

デモ取引をする事で実際のアプリやパソコンの取引ツールを試す事が出来るので、チャート機能などそれぞれの業者の使い勝手を試す事が出来ます。

また、初心者の方だと本番の前に試したい方がきっとほとんどだと思うので、願ってもない機能でしょう。

また、それぞれの取引ツールを使って使い心地、使い勝手を比較していきながら、自分が気に入った業者の口座を作るのも1つの手です。

 

また、デモ取引でチェックすべきポイントは色々とありますが、結論から言ってしまうと「自分が使いやすいかどうか」に尽きると思います。

チャート上に経済ニュースなどの分析した情報が載せられるかどうか等も大事ですが、

自分が使いやすい、これが良いなと直感的に感じたツールを使うのが良いと思います。

 

デモ取引が出来る国内業者は?

上記に挙げた国内5つの業者もデモ取引を行っていますが、GMOクリック証券の外為オプションやバイトレでは登録不要でデモ取引を体験出来るサービスを行っているので、まずはそちらがおすすめです。

また、YJFX(オプトレ!)ではスマホアプリを使ってデモ取引が出来るので、空いた時間で気軽に行えるのが魅力的です。

また、海外のバイナリーオプション業者のハイローオーストラリアも登録不要のデモ取引が行えますので、国内だけでなく海外の業者も試してみたい!という方は是非試してみて下さい。

 

国内と海外のバイナリーオプション業者の違いは?

花の色で違いを表す

ここまで国内のバイナリーオプションについてお伝えしてきましたが、最後に国内と海外のバイナリーオプション業者の違いについてお伝えします。

国内と海外の業者の違いで一番大きいのは、日本の金融庁の規制を受けているかどうか、だと思います。

日本の金融庁は国内でバイナリーオプションをする為に、様々な規制を敷いています。

 

簡潔に規制の内容をお伝えすると、数十秒や1分という短い時間で判定時刻を迎えて、資金が倍になるか、ゼロになるか?という投資は、投機性が高いので自主規制します。

というものです。

 

具体的な概要としては、

・判定時刻までの時間は最短で2時間

・ペイアウトは一律1000円

・購入価格を変動制とする

・総取りする価格帯(このレート内は没収)の設定は禁止

・「売り」と「買い」の価格を両方提示

というものになっています。

その詳細についてはこちらの記事でも解説していますので、宜しければご覧になってみて下さい。

 

このように、日本国内では安全と安心を担保された分、不自由な点は多いです(海外でも安全ではないのかと言うともちろんそうではないのですが・・・)

ちなみにですが、税金の面で見ると国内の方がメリットがあります。

海外バイナリーオプションの場合、課税は「総合課税/雑所得」となります。給与所得等と同じくくりで課税されるので、所得税・住民税は0~55%の範囲で収入によって税金の額が変わってしまいます。

しかし、国内バイナリーオプションは、申告分離課税で課税されます。税率は20.315%で、FX等の他の投資との損失通算が可能で、最大3年間まで損失繰越が可能です。

 

まあそれを差し引いても海外のバイナリーオプション業者、特にハイローオーストラリアの方をおすすめしたくなるのは、ここだけの話です・・・^^;

もしハイローオーストラリアについて気になる方がいらっしゃいましたら、

こちらからどうぞ!

 

まとめ

バイナリーオプション まとめ

ここまでの所をもう一度まとめますと、

①2019年現在、国内のバイナリーオプションは安全

②国内のバイナリーオプションはローリスクローリターンでコツコツ稼ぐ

③YJFX(オプトレ!)がバイナリーオプションの国内業者では1番おすすめ

④口座開設するには厳しい基準があるので注意

⑤始める前はデモ取引で感覚を掴んでいく

⑥国内のバイナリーオプションは海外のバイナリーオプションと比べ税金が安い

という事になります。

国内のバイナリーオプションは、コツコツと稼ぐ方にはとても向いていると思います。

例えばFXTF(バイトレ)では未来予測チャートがあったり、おすすめで挙げていたYJFX(オプトレ!)ではレンジオプションに「ワイドレンジ機能」という予想しやすい機能が付いています。

安全に加えとっつきやすさ、というのが国内のバイナリーオプション業者にはあると思います。

 

ただ、稼ぎたい、ハイリターンを狙いたい方や短時間でサクッと取引を行いたい、という方にはハイローオーストラリアを始めとした海外のバイナリーオプション業者の方が向いているのも事実です。

ぜひ皆様お一人お一人のバイナリーオプションを行う目的、目標を一度明確にしてから、国内と海外、どちらのバイナリーオプションが良いのか、吟味してみて頂けたらと思います。

 

では、最後までご覧頂き、どうもありがとうございました!

 

お問い合わせはこちら 

LINE@【ID:@xgx4750g】のご登録はこちら

LINE@画像 

裁量トレードを極めて一生もののスキルを得たい方へ(補助としてオリジナルサインツール+最先端インジケーターもあり)

トレーダーリュウとの出会い、そしてLast Binary(ラストバイナリー)始動!

 

AI(人工知能)搭載の最新配信システムで従うだけで稼ぎたい人へ

配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』

裁量トレード×LINE@配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』
 

自動売買で完全ほったらかしで稼ぎたい人へ

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」