バイナリーオプションで初心者が勝つ方法!【攻略情報まとめ】

トレーダー初心者

「バイナリーオプションって初心者でも稼げるのかな?」

「バイナリーオプションって初心者には難しそう…」

「初心者が始めてもすぐにお金が無くなりそうで不安」

など、バイナリーオプションについて色々と調べて勉強しているあなた!

バイナリーオプションに関して詐欺借金ギャンブルなどのマイナスなイメージはありませんか?

初心者には難しそうで、お金が稼げるイメージが湧かない!

そんな方も多いと思います。

僕も始める前はそんな風に思っていましたし、実際に初めてみても苦労することはたくさんありました。

ですが、バイナリーオプションは詐欺でもギャンブルでもなく、投資です。

しっかりと勝つ方法を身につけていれば、安定して利益を残すことが可能です。

初心者だろうと、勝つ方法をしっかりと熟知していれば、利益は増やせます。

 

この記事では、

  • バイナリーオプションの初心者に必要な知識
  • バイナリーオプションの始め方
  • バイナリーオプションの勝ち方

に関して解説しています。

バイナリーオプションはFXなどに比べると情報が少なく、正しい情報を入手しないとあっという間にお金がなくなってしまいます。

少々長いですが、初心者の方にとって本当に必要な情報ですので、最後までお読み下さい。

 

目次

バイナリーオプション入門編!初心者に必要な知識

投資初心者

バイナリーオプションとは

為替金融商品の一種。

一般的な株式や外国為替証拠金取引(FX)は、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定し、その「値幅」に応じて「損益金額」が変動する。

バイナリーオプション取引の「ハイ・ロー」も、値段が「上昇する」か「下落する」かを予測し、その後の「値動き」に応じて「利益か損失」が確定する点は同じだが、「損益金額」は「値幅」によって変動することなく固定される。またレバレッジが無いので追証が無いのも特徴。よって、「最大損失額」を限定して取引できる。(ウィキペディアより)

つまり、バイナリーオプションとは二者択一の取引です。

設定された条件を満たすかどうかを予測する仕組みになっています。

ですので、僕たちはその条件を満たすか満たさないかを予測するだけになります。

その結果、予測が当たればお金が得られるという仕組みです!

 

バイナリーオプションのメリット・デメリット

メリット

  • ルール・操作がシンプルで初心者にも分かりやすい
  • 少額(1000円位)から取引可能、高額な資金を用意する必要がない
  • 出資した金額以上の損失額にはならないので、リスクが明確
  • 投資機会が多く、利益をだしやすい

上記でも説明しましたが、バイナリーオプションは、それぞれの条件を「満たす(ハイ)」「満たさない(ロー)」で投資が行われます。

例えば、500円を投資して、3時間後(判定時刻)のドル円が「100円より低い」と予測します。

ペイアウト金額は1,000円とします。

3時間後(判定時刻)に予測が外れ、ドル円が「100円より高い」場合は投資金額の500円が損失となります。

一方、予測どおり「100円より低い」場合は1,000円が支払われますので、400円の利益になります。

損益計算が難しいFXと違って、仕組みはとてもシンプルで分かりやすいです。

それでも、まだ不安が残る方は、架空の資金を動かす「デモトレード」を実践してみると良いでしょう。

さらに、FXや他の金融商品に比べて少額の資金から取引を始めることができます。

そのため、初心者でもチャレンジしやすい投資です。

また、バイナリーオプションはあらかじめ損益が決まっています。投資した金額以上に損をすることはありません。

しかし、FXの場合、高いレバレッジをかけることにより、予測と逆方向に大幅な価格変動が起こった場合、元本以上の損失を被る恐れがあります。

レバレッジとは、お金を担保にそれ以上のお金を借りてトレードする方法だとイメージして頂くと分かりやすいと思います。

そのため、FXはハイリスクハイリターンになりやすいです。

その点、バイナリーオプションにはレバレッジはなく、シンプルに予測が外れた場合、投資した金額が失われるというルールがあるだけですので、それ以上の損失を被ることはありません。

ですので、リスク管理をしっかりと行って、投資を続けていけば損失を抑えることができます。

さらに、バイナリーオプションでは、相場の値動きの幅が損益の大きさに直結するFXとは異なり、値動きがあまりなくても、値動きが大きいときと同様の取引が行えます。

そのため、レンジ相場でも利益を上げることが可能です。

 

デメリット

  • 資金管理を怠れば、損失は増加する
  • 単純計算では期待値はマイナス
  • 海外の信頼できない会社は、資金を奪われる可能性がある
  • 1回当たりの利益が大きくない
  • 決裁までの期間を自分で決定できない

メリットにルール・操作がシンプルで初心者にも分かりやすいと説明しましたが、その反面、初心者の方でも簡単に投資出来てしまうため、基本を知らないと損失しかでないということになります。

しかし、基本をしっかりと学び丁寧に資金を管理して行っていけば、損失は最小限に抑えることも可能です。

また、バイナリーオプションは外した場合、損失額は投資した金額と決まっていますが、当てた場合のペイアウト金額が2倍になるわけではありません。

実際のペイアウト金額は相場次第ですが、もう少し安い金額になります。

そのため、期待値だけで判断するとマイナスになってしまいます。

ですので、バイナリーオプション初心者の方が何も考えずに始めても期待値がマイナスな上に、二者択一の50%しか当たらないと理解しておくことが大切です。

あと、海外の会社やこちらに都合の良すぎる条件の会社などは注意が必要です

海外の無許可の会社などで投資をした場合、出金ができなくなるなどのトラブルが起こることが考えられます。

最近は、あまり聞かなくなった仮想通貨もこういった同じような問題が起きていましたね。

ですので、このようなトラブルが起こらないように信頼できない所には登録・利用しないようにしましょう。

下記に初心者にもおすすめの口座を紹介していますので、そちらもご確認下さい。

また、決裁までの期間を自分で決められないのもデメリットの1つです。

日本国内のバイナリーオプションは一つの回号(投資機会・取引時間)が2~3時間であることが多いです。

そのため、自分で自由に取引したい、利確と損切りを自分で行いたいという方は、FXなどの方が向いているかもしれません。

しかし、逆に言えば利確や損切りのタイミングを考える必要はありませんので、時間を必要以上に縛られることもありません。

FXの失敗の1つに、損切りができずに損失が大きくなってしまったということがありますが、バイナリーオプションでは、このような失敗は起こらないので、デメリットというよりは初心者の方にはメリットなのかもしれません。

1回当たりの利益が大きくないのもバイナリーオプションの特徴です。

例えば、僕が2時間後(判定時刻)に「100円より高くなる」と考え、実際にドル円が大きく上昇したとします。

その場合、たとえその値段が105円になっていたとしても、100円1銭の時とペイアウト金額は変わりません。

ですので、FXなどの他の投資に比べると利益は出にくいです。

ですが、低リスクでコツコツと稼げるのもバイナリーオプションのメリットであり、最大の魅力です。

相場を分析して勝率を上げていければ、安定して利益を重ねることも夢ではありません。

 

知らないと損!知っておきたい専門用語

バイナリーオプションでは普段聞かないような専門用語を耳にします。

そのため、初心者がいきなり始めると戸惑ってしまい、挫折することもよくあります。

ですので、まずは最低限知っておいてほしい専門用語を表にしましたので、取引を始めながらでも良いので覚えていきましょう。

原資産 取引対象の通貨ペアを指します。
オプション取引 株式や外国為替、実物商品等の権利を売買する取引。
将来の決められた日にち(満期日)にあらかじめ決められた価格で買う(売る)「権利」を売買する取引です。
プレミアム オプション取引ではオプション料金のことをプレミアムと言う。オプションの買い手は権利行使の有無に関わらず、プレミアムを売り手に支払わなければならない。
ブラック・ショールズ・モデル オプション取引で一般的に使用される理論モデルで、購入金額の算出に使われる方程式です。
アメリカン・タイプ 期間中は、いつでも権利行使が可能なオプション。
ヨーロピアン・タイプ 行使期間の最終日だけ、その取引を実行するかどうか決められるオプション。
バミューダン・タイプ 予め複数の権利行使日が設定され、そのうちのいずれかの日にのみ権利行使が可能なオプション。
アウトオブザマネー オプション取引の権利所有者が権利を行使した場合、利益は出ず、損失が出る状態。インザマネーの対義語。
インザマネー 権利行使価格よりも相場が有利な状態。アウトオブザマネーの対義語。
コール・オプション 原資産を買う権利。
プットオプション 原資産を売る権利。
デルタ 原資産の価格変化に対するオプション価格の変化率を示すもの。オプション取引でよく使用されるこの用語は、ヘッジ比率とも呼ばれる。
トレンド相場 チャートの値動きが一方向に出ている相場のこと。
レンジ相場(ボックス相場) 高値と安値が一定の値幅でレートが上下動を繰り返す相場のこと。
ボラティリティー 価格変動の変動率の大きさを示す数値のこと。「ボラ」と略されることが多い。
エントリー(エントリーポイント) 投資の開始時点。広義では、トレンドの転換点・発生点のこと。
権利行使価格 オプション取引の特定価格。行使価格ともいいます。
ペイアウト金額 バイナリーオプションで権利行使が行われ、売り手が買い手にあらかじめ設定した金額を支払うこと。
レンジイン 判定時刻の時点で目標レンジ内で終われば払い戻し。
レンジアウト 判定時刻の時点で目標レンジ外で終われば払い戻し。
回号 購入受付から判定までの総称。

 

バイナリーオプション取引の種類

バイナリーオプションは、基本的に特定の時刻までに条件を満たしているか、そうでないかを選択する投資方法になります。

ここでは基本となる3つの取引方法を紹介します。

レンジオプション

判定時刻に目標レンジに対してイン(レンジを維持)かアウト(レンジ外)かを予測する取引です。

ラダーオプション

判定時刻に取引開始時よりも〇〇円以上に上昇するかしない(売り)かを予測する取引です。

ワンタッチオプション

判定時刻までに一度でも条件を達成できるかどうかを予測する取引です。

 

バイナリーオプションの危険性!?初心者が不安に思うこと!

お金が無くなる

バイナリーオプションを始めようとすると必ず詐欺などの悪い噂をネットで見たりすると思います。

私もバイナリーオプションを始める前に一通り調べましたが、悪い噂ばかりに目を通していると始める前から不安になります。

中には、バイナリーオプションを危険なものだと判断してやらない方も少なくありません。

ですので、今回は初めての方の不安を無くすために、僕の経験も踏まえて解説したいと思います。

 

・バイナリーオプションを利用した詐欺が蔓延

バイナリーオプションと聞くと詐欺を連想する方もいると思います。

2013年に金融庁による国内のバイナリーオプションの規制がかかったことをきっかけに国内でバイナリーオプション業者を利用していた投資家が海外のバイナリーオプション会社に移行しました。

そのタイミングで、日本人を狙った悪質な海外バイナリーオプショ会社や詐欺師が出てきました。

バイナリーオプションの詐欺グループではオプザイルが特に有名ですね。

また、慣れない海外仕様のバイナリーオプション会社のため、消費者庁への相談も増えました(上の図参照)。

これらのことが起こったため、ネット上でも悪い噂が浸透してしまったのだと思います。

ただ、これらの悪質な会社は、すぐに倒産し、上の図のように2015年の3月には相談数も48件まで減少しています。

現在でも、「1日で100万円儲かる!」「何もしないで放置するだけ…」などの誇大広告による詐欺商品は存在します。

バイナリーオプションも投資です!

デメリットがない投資などありえませんので、自分の目でしっかりと判断して詐欺商品を購入しないようにして下さいね。

 

・出金できない!?

たまに、出金できない!と言う書き込みを目にしますが、今のところ僕は大丈夫です。

基本的に金融ライセンスを保有したバイナリーオプション会社でしたら、出金できないなんてことは起こりません。

ただし、金融ライセンスを保有しない無登録の海外のバイナリーオプション会社でしたらリスクは高いです。

ですが、海外のバイナリーオプション会社でもその国の金融ライセンスを保有している会社はあります。

下記に紹介する僕が利用しているハイローオーストラリアという会社はオーストラリアの金融ライセンスを保有しています。

基本的に国の金融ライセンスを保有しているバイナリーオプション会社でしたら出金できないなんてことは起こりません。

そのようなことを起こせば、ライセンスの剥奪、営業停止も免れないからです。

海外のバイナリーオプション会社が心配だという方は、国内のバイナリーオプション会社を利用するという選択肢をもつことも悪くはありません。

しかし、国内のバイナリーオプション会社は規制によって、利益が出にくい状況になっています。

経験者でも利益を出すのが難しい国内の会社です。

そのため、安全性だけを考慮して国内のバイナリーオプション会社を選択することは、僕はおすすめしません。

 

口座が凍結される!?

国内海外問わずバイナリーオプションのどの会社でもこれは本当に起こりえます。

ただし、滅多に起こることではありませんので、初心者のうちから気にする問題ではありません。

凍結される理由は、いくつか存在します。

クレジットカードの不正利用などがそれに該当します。

これは、明らかに犯罪行為ですので、凍結されるのにも納得ができます。

しかし、入出金や取引の金額が規制される限定的な凍結も起こります。

僕たちにとってはこちらの限定的な凍結の方が起こる可能性があります。

ですので、その原因を解説していきたいと思います。

 

自動売買ソフトの使用

これは言葉の通りです。

自動売買ソフトは多くの会社で利用を禁止されています。

これはそれぞれの会社の利用規約にも記載されている内容なので、これの疑い、または利用している場合は凍結される恐れがあります。

しかし、現実では自動売買ソフトは多く販売されています。

それにも理由があり、バイナリーオプションの会社に見つからないようにシステムを設定すれば、利用が見つかることはほとんどありません。

僕のところでも1年前に「アイドルトレーダー」という自動売買ソフトを作りましたが、利用者が数百人といる中で、口座が凍結されたと言う報告はゼロです。

自動売買ソフトがどういったものなのか…

自動売買ソフトに関する世の中の情報をまとめた記事を作りましたので、もし良かったらご覧ください。

 

短期間で稼ぎすぎる

バイナリーオプションの会社は、トレーダーに短期間に稼がれると赤字になります。

それにも理由があり、FXの会社などは、トレーダーの勝敗に関わらず、取引回数や取引量が増えるほど利益になる仕組みになっています。

しかし、バイナリーオプションの会社は、トレーダーが勝つと損をして、トレーダーが負けると利益になる仕組みになっています。

そのため、バイナリーオプションの会社はトレーダーに稼がれすぎると赤字になるため限定的な凍結を行うということになります。

 

ネット回線(IPアドレス)問題

これは初心者の方には、ほとんど関係ないので、軽く流してくれて結構です。

これは、過去に稼ぎすぎなどにより、口座凍結された方が同じネット環境(IPアドレス)で新たに口座を開設し、取引した場合に起こります。

現在のネット環境はどこもセキュリティがしっかりと施されています。

ですので、口座凍結された方は、その会社に目をつけられていることになります。

初心者の方には、まだ先の話かもしれませんが、解決策としては、他のネット環境を利用するなどすれば、この問題は解決されます。

 

バイナリーオプション初心者が知っておきたい!勉強法!

トレードの勉強

さて、ここまではバイナリーオプションの基本的な専門用語などを解説してきましたが、知識があっても勝てなければ何も意味がありません。

バイナリーオプションは、FXのように有名な投資ではないため、情報が少なく独学で学ぶことが多いです。

そのため、独学でどこまで勝率を上げられるかが、安定した利益を生む必須スキルになります。

ですので、ここからはどのように勉強していけば良いのかを紹介していきたいと思います。

 

バイナリーオプションの勉強法1 チャート分析

これは勉強法であり、バイナリーオプションで勝率を上げるために日々の習慣にした方が良い方法です。

そして、チャートを分析するためにはチャートの見方を最低限知っておく必要があります。

チャートの見方については、こちらで詳しく解説していますので、参考にしてみてください。

相場と言うのは刻刻と変化していきます。

バイナリーオプションは日本だけで取引されているわけではありませんので、世界の時間毎の動きなども影響してきます。

そのため、次々とトレンド相場にもレンジ相場にも変化します。

ですので、不必要な損失を避けるためにも、1日の為替の動き、世界のそれぞれの時間の値動きはチェックしておく必要があります。

特に、初心者は部分的にチャートを見て判断しがちですので、注意が必要です。

また、常にチャート分析を行っていれば、取引終了後に自分の勝敗を分析することも可能になります。

負けた原因がなんなのか、勝った要因はなんなのかをしっかりと把握することは、今後の取引の指標になります。

ですので、勝率を上げるためにもチャート分析は必ず習慣にするべき勉強になります。

 

バイナリーオプションの勉強法2 ノートに書く

ノートにチャート分析を記録することは非常に良い勉強方法です。

アプリやエクセルなどでも細かい分析は可能ですが、ノートに書くことで、よりチャートの動きなどが記憶されることになるので、おすすめです。

上記でも書きましたが、分析は必須です。

なぜ勝ったのか?負けたのか?

しっかりと分析して、勝率を高めていきましょう。

 

バイナリーオプションの勉強法3 動画(youtube)を見る

今どきの勉強方法ですが、Youtubeなども参考になります。

取引方法や口座登録の流れなど、ブログや本では伝えにくいところを丁寧に説明している動画もあります。

投稿者が顔出しで解説している動画やチャンネル登録者数が多い動画は、質も高くて、勉強になるためおすすめです。

反対に、自動売買ツールの紹介やセミナーへの勧誘のために動画投稿されていたりもするので、そのような動画は最終的に自社の商品を紹介されるだけですので、あまりおすすめできません。

また、バイナリーオプションだけでなく、FXの動画も勉強になります。

FXのテクニカル分析は、バイナリーオプションでも活躍します。

バイナリーオプションよりもFXのほうが、媒体が大きいので、動画はたくさん見つけることができます。

 

オススメしない勉強法 有料商材・セミナー・新聞

有料商材はネットを調べればいくらでも出てきます。

高いものからリーズナブルな価格のものまでありますが、ほとんどのものが誇大広告です。

劇的に勝率が上がることはほとんどないでしょう。

ものによっては、ブログ記事の内容をそのままコピペして売っているようなものまでありますし、買う場合はしっかりと判断してから買って下さい。

バイナリーオプションのセミナーは最終的にツールや商材の販売が目的のものが多く、勉強するためのセミナーはなかなか見つかりません

ですが、バイナリーオプションを実際に行っている方々とリアルで繋がれることはメリットです。

良い情報交換ができる場合もありますので、バイナリーオプションに慣れてきたら一度くらいは参加してもいいかもしれませんね。

また、新聞でバイナリーオプションを勉強することはおすすめできません。

答えは至ってシンプル、情報が遅すぎるためです。

新聞に載ってからの情報を見ても、分析材料にはなっても取引に役立てることはできません。

 

初心者はバイナリーオプションの本を読むべきではない!

勉強の本

1から勉強するときに本や参考書を読む方は多いと思いますが、バイナリーオプションに関しては、本での勉強はおすすめしません。

なぜなら、2013年に金融庁がバイナリーオプションに規制をかけたため、それ以降は出版社からバイナリーオプションの本が出版されなくなったためです。

しかし、電子書籍などで個人が販売している本はあります。

ただ、こちらも書籍としては、信頼性に乏しく、情報も少ないです。

また、規制前の本を購入しても情報が古くて参考になりません。

ですので、バイナリーオプションを本で勉強することはおすすめしません。

もし、本で勉強したい!とお考えでしたらFXの本をおすすめします。

バイナリーオプションもFXも基本的には為替レートの変動を予測して行う投資です。

そのため、FXの本から学べることは多いです。

FXの本では、チャートの見方やツールの利用方法、世界的に有名な手法などが多く掲載されていますので、FXの本は勉強になることが多いです。

FXの本を選ぶ際の基準は、

  • スキャルピング、デイトレードの本を選ぶこと。
  • 感覚的に「見やすい」と感じるものを選ぶこと。
  • 出版社が発行している本を選ぶこと。

バイナリーオプションは、短期〜中期のトレードですから、スキャルピング、デイトレードの本がおすすめです。

また、見やすさは非常に大切です。

初心者が見るわけですから、難しい専門用語やグラフなどを見ても分かりませんし、勉強する意欲もなくなってしまいます。

効率良く勉強するためには、見やすさも重視してみて下さい。

上記でも記載しましたが、個人出版の本は、信頼性と情報量の面から見ても良い本が少ないです。

そのため、必ず出版社が発行している本を購入して下さい。

ちなみに、私がオススメの本は、

の2冊です。

情報の網羅性もありますし、何と言ってもわかりやすいです。

しっかりと大手出版社が発行しておりますし、信頼性も高いです。

もし、バイナリーオプションで勝つために、本を読んで勉強したい方は購入してみてください!

 

バイナリーオプションのブログは初心者にもオススメ!

ブログを読む

バイナリーオプションの情報は、上記したように国内では規制がかかっているため、インターネットにこそ情報が多いです。

当サイトも、バイナリーオプションで勝率を上げていただけるように様々な情報を常に更新しながら配信していますが、信憑性の高いサイトを見つけられたら、忘れないうちにすぐにブックマークすることをオススメします。

まれに、実際のトレード情報を画像付きで公開しているブログなどもありますし、本などよりもよっぽど勉強になります。

ただし、薄い内容のブログもありますので、そういったブログは読み飛ばして下さい。

様々な手法が載っているサイトは、ホントに勉強になりますので、何度も熟読して、実際の取引に役立てて下さい。

当サイトでも、必勝法をまとめた情報を配信しています。興味があれば一度読んでみて下さい。

 

初心者にもオススメするバイナリーオプションの口座

バイナリーオプションのハイローオーストラリア

バイナリーオプションでオススメの口座は、ハイローオーストラリアです。

こちらの口座は、業界で1番多く口座開設がされている事実上No.1の口座になります。

海外の口座になりますので、初心者の方には少しハードルが高く感じるかもしれませんが、こちらの口座をオススメするのにも理由があります。

まず、こちらの口座のメリットを簡単に説明すると、

  • 口座開設数No.1の人気
  • ハイロー型取引ができる
  • ペイアウト率が2倍と高水準
  • 取引回数が無制限
  • 入出金がスムーズでクレジットカードも利用可能
  • 保険組合に加入しており、倒産しても顧客の資産を守れる
  • 日本語サポート
  • 登録不要のデモ取引が可能、初心者でも安心
  • 最低取引額が安い(1,000円)
  • 口座開設キャンペーンで5,000円分の取引ができる

このように多くの価値あるメリットがあるため、初心者の方にもオススメしています。

もちろん、少なからずデメリットはあります。

海外の口座のため、日本の金融庁の管轄外であることです。

しかし、日本の金融庁の管轄になってしまうと、国内の他の口座と同じように規制を受けるため、ハイローオーストラリアのメリットがほとんどなくなってしまいます。

そうなると、非常に利益を上げづらい投資になってしまいます。

ですが、ハイローオーストラリアはオーストラリアの金融庁の管轄で営業しており、保険組合にも加入しています。

このことからも非常に信頼できる口座です。

長いこと利用している僕もトラブルなく利用させてもらっています。

こちらの記事でより詳細にハイローオーストラリアについて解説していますので、気になる方は読んでみて下さい。

 

バイナリーオプション初心者必見!デモ取引でやり方を覚えよう!

取引の勉強

さて、ここからは実際にハイローオーストラリアを利用して取引をしてみましょう。

もちろん、最初はデモ取引からスタートしたいと思います。

「いきなりお金かけての取引は気が引けるし、損したら嫌だな…」と思っている方は必ずデモ取引から始めましょう。

ここでしっかりと取引の操作に慣れてもらい、実際の取引で慌てないように練習していきましょう。

デモ取引の特徴としては

  • デモ口座は架空の100万円が使えます。トレード結果により増減します。
  • 取引履歴は残りません。勝率や手法の信頼性を分析する場合は自分で記録する必要があります。

 

デモ取引の流れ

PCの場合

ハイローオーストラリアの公式サイトへアクセスし、画面右上のクイックデモをクリックします。

クイックデモボタンをクリック

次に画面右の「取引を始める」をクリックします。

その後、デモ口座の画面が表示されます。

パソコンのデモ操作画面
  1. 取引タイプ
  2. 通貨ペア
  3. 取引時間
  4. 通貨ペアと取引時間
  5. エントリー金額
  6. HIGHまたはLOW

の項目をそれぞれ選択し、「今すぐ購入」をクリックすればエントリー完了です。

スマホの場合

ハイローオーストラリアの公式サイトへアクセスします。

画面右上のメニューボタンをタップして、「初めての方」の後に「クイックデモ」を続けてタップします。

スマホのデモ操作画面 デモ操作画面

次に下記の画面になるので、「取引を始める」をタップします。

デモ操作画面

その後、デモ口座ページが表示されます。

デモ操作画面デモ操作画面
  1. 取引タイプ
  2. 取引時間
  3. 通貨ペアと取引時間
  4. エントリー金額
  5. HIGHまたはLOW

の項目をそれぞれ選択し、「今すぐ購入」をクリックすればエントリー完了です。

操作としては、これだけになります。

意外と簡単に取引できてしまうのです。

ここでしっかりと実力と操作慣れをして下さい。

多少勝ったくらいで、分析もろくにせず、本番の取引を行えば確実に資金が無くなります。

ですので、ここでの練習はきちんと行って下さい。

 

バイナリーオプション初心者の勝ち方!

必勝法

さて、取引が出来るようになったら今度は安定した勝ち方を身につけなければいけません。

せっかく勉強したのに結局利益がマイナスでは意味がありません。

ここでは、初心者の方でも簡単に始められることを紹介していきます。

勝率は70%を目指そう!

なぜ、70%かと言うとバイナリーオプションでの勝率の壁とされているからです。

70%を超えている投資家は相当お金が増やせているはずです。

勝率の出し方ですが、

勝った回数÷総エントリー数×100=勝率(%)

例えば、1日に10回エントリーして、7勝3敗でした。

この場合の勝率は

7(勝利回数)÷ 10(総エントリー数)× 100=勝率70(%)

になります。

そして、大切になってくるのが、自分の勝率でどのくらいの利益が上がっているかを把握することです。

そこで役に立つのが、損益分岐点です。

損益分岐点とは、経理でよく使われる言葉で、バイナリーオプションに当てはめて簡単に説明すると、利益も損失も出ていない勝率は何%かと言うことです。

また、利益を計算する上でペイアウト倍率も重要です。

ペイアウト倍率は証券会社によって異なりますが、国内バイナリーオプション会社では1.0倍〜2.0倍、海外バイナリーオプション会社であれば1.6倍〜2.0倍位です。

計算式は

勝った回数×(かけた金額×ペイアウト倍率-かけた金額)-負けた回数×かけた金額

になります。

別の記事でハイローオーストラリアのペイアウト倍率1.88倍で計算した表がこちらです。

損益分岐点

表から分かるようにペイアウト倍率が1.88倍の場合、70%には届かなくても勝率55%以上あればプラスとなることが分かります。

ですので、取引を始める前に自分がどの程度の資金を用いて、どのくらいの勝率で何回取引したら資金が増減するのか把握することが可能になります。

資金管理のためにも、必ず計算することをオススメします。

 

インジケーターやツールに頼りすぎるな!

初心者の方はインジケーターと言う言葉は知らない方もいるかもしれませんね。

インジケーターとは、為替のチャートから新たに数値を割り出し、エントリーの補助をしてくれるデータでありツールです。

勝てないバイナリーオプション初心者は、有名なインジケーターやツールを取り入れ過ぎています。

相場というものは常に変動していますし、それだけ利用していても勝てるものではありません。

もちろん、インジケーターは必要ですが、自分の取引手法に必要でないものは取り入れる必要はありません。

あれもこれもと組み合わせていると取引の際に見るべき情報が多すぎて、逆に勝率が下がったりすることもあります。

勝率の良いトレーダーも多くのインジケーターを導入しているわけではありません。

本当に必要なものに絞って組み合わせているのです。

また、完璧なインジケーターもその組み合わせ方もありません。

相場によっては必ず弱点があります。

当たり前ですよね。

そのようなものがあったら既に僕が使っています(笑)

それを知らずに完璧なものを求めていてはバイナリーオプションの勝者にはなれません。

大事なことは、自分が取引しやすいインジケーターやその組み合わせを見つけて、それを極めることにあります。

弱点をみつけ、どんな時に効果的なのかを見極めれば自ずと勝率は上がってくるでしょう。

 

資金管理を怠るな!

これは他のブロガーや多くの方が言っていることですね。

それでもなぜ説明するかというと、分かっていても実際に出来ている方が少ないからです。

先程、損益分岐点は勝率55%だと言いましたが、その55%を上回っている方々でも利益がマイナスになる方がいます。

その方たちは、大きく負けて、小さく勝っているため利益がマイナスになってしまうのです。

取引すれば絶対勝てそうだから大きくかけよう!

負けてしまったからそれを取り返す為に倍かけよう!

などなど、

このような感情論では絶対に取引しないで下さい。

これではギャンブルと変わりません。

いくら勝率が良くても資金が増えることはないでしょう。

ではどのようにして資金管理を行うのかというと、投資金額を元手の10%以下に固定して下さい。

本当にこれだけで資金管理が楽になりますし、日々の取引の計算もしやすくなります。

 

感情的に取引するな!

先程の資金管理と似ていますが、感情的になって取引をしてしまってはいけません。

バイナリーオプションで勝ちたいと思うなら、冷静にデータを元に取引をしましょう。

ですので、自分ルールを決めておくと良いでしょう。

例えば、負けたら数時間取引を止める、連敗したらその日は取引を中止するなどルールを決めておくことが大切です。

投資というものに必勝はありません。

どんなに優れたトレーダーだって負ける時は負けます。

負けた時の対処法が大切になってきます。

 

取引のノートをつけよう!

何度か言っていますが、初心者の方は取引の記録付けから習慣化することをオススメします。

なぜなら、資金管理もできる上に勝率を上げることにも繋がるからです。

勝った要因、負けた原因、取引時間、通貨、予算、判定の長さ、どっちに賭けたか、どんな相場状況なのかなど細かく書いて下さい。

最初は、慣れるまで面倒くさいと思います。

僕もそうでしたし…

でも、ノートをとるようになってから自分の長所と短所、どんな時に勝っているのかなどがはっきりと分かるようになりました。

このお陰で勝率も勝手に上がっていきましたので、皆さんも是非ノートをとって下さい。

ノートといっても、ノートに手書きする必要はありません。

スクリーンショットやメモ機能を利用して、自分で管理できていればかまいません。

 

初心者必見!バイナリーオプション攻略法!

攻略

初心者の方でもすぐに始められるものを上で解説しましたが、ここではより深掘りしてバイナリーオプションを攻略していきたいと思います。

テクニカル分析は徹底的に!

バイナリーオプションで安定して利益を出すには、運任せのギャンブルではいけません。

過去のチャートから分析する能力が必要になります。

相場の分析には、テクニカル分析ファンダメンタルズ分析があります。

簡単に説明すると

テクニカル分析は、過去の値動きをチャートで表します。そのチャートからトレンドやパターンなどを分析して、これからの株価や為替の動向を予測する方法

ファンダメンタルズ分析は、中長期的な相場を予想するトレーダーが重視する分析方法。特に重要視するのが、国の金融政策や経済様態などで、それらが徐々に為替に影響を与える。

バイナリーオプションでは、短期の取引になるので、ファンダメンタルズ分析はほぼ使用しません。

重要になってくるのは、テクニカル分析の方になります。

ですので、正確にチャートを分析することができれば、安定して勝率を上げることが可能になります。

ただし、大きな金融政策があったりした場合は、相場が大きく変動するので、そのような時に対応できるようにファンダメンタルズ分析も余裕があったら勉強してみましょう。

バイナリーオプションは、一定時間内に価格が上がるか下がるかを予測するだけですので、丁半博打のような二者択一のギャンブルに似ています。

しかし、バイナリーオプションは為替相場の値動きから分析して、予測します。

だからこそ、バイナリーオプションは丁半博打のような根拠のないギャンブルではなく、しっかりとした勝てる投資になっているのです。

 

勝てる時間帯を見極めろ!

バイナリーオプションは、為替相場の値動きを分析して取引しますので、世界の動きにも目を配らなくてはいけません。

それを怠ると、値動きが激しい時間帯に取引をして、負けが続いて大損することにも繋がります。

ですので、今回は特に気にするべき時間帯を解説していきます。

 

重要経済指標

これが発表される前後30分~1時間は取引をしないことをオススメします。

相場が大きく変動することが多いため、予測が難しくなります。

経済指標は世界で数えると途方もない数字になるので、アメリカなどの大国の指標は押さえておきましょう。

ですので、重要経済指標のチェックは必ず行って下さい。

こちらのサイトでチェックすることができますので、ブックマークしておくと良いでしょう。

 

市場が開く時間帯

特に、ロンドン市場、ニューヨーク市場、東京市場は世界三大市場と呼ばれていて、絶対に覚えておくべきです。

こちらも市場が開く前後30分〜1時間は取引をしないことをオススメします。

東京市場であれば9時

ロンドン市場であれば16時(冬時間は17時)

ニューヨーク市場であれば21時(冬時間は22時)

冬時間は11月の第1日曜日午前2時から3月の第2日曜日午前2時です。それ以外は夏時間になります。

 

節目の時間

特に株式市場の前場が開始する9時や後場が終わる15時、日付が変わる瞬間など、相場が荒れる事が多いので注意が必要です。

ちなみに、前場とは午前中の取引。後場とは午後の取引のことを言います。

 

その他

仲値は、三菱東京UFJ銀行などの金融機関が顧客と為替取引を行う際に使うその日の基準レートのことです。

午前9時55分頃~10時頃にかけて決められます。

ロンドンフィックスは、東京時間の仲値に相当する時間でイギリスの仲値です。

夏時間は午前0時、冬時間は午前1時に決められます。

五十日は、毎月の5日、10日、15日、20日、25日、30日もしくは末日のことで、会社等が取引決済日にする事が多いので道路や銀行が混雑すると言われています。

金融市場の休日

アメリカやロンドンなどの大きな市場が休場となると、取引参加者が激減して、相場が膠着状態または変動が大きい状態になりやすく不安定になりやすいです。

そのため、休場の日も確認しておく必要があります。

金融市場休日カレンダーはこちらを参照して下さい。

以上が初心者の方がまず気をつけるべき時間になります。

慣れてくると、手法や通貨によって勝ちやすい時間帯を見極めることもできてきます。

まずは、この時間帯の取引は避けて、テクニカル分析と合わせて勝てる時間を見つけてみましょう。

 

取引手法を決める!

手法とは、簡単に言うとバイナリーオプション取引の戦略です。

バイナリーオプションで勝つためにはとても大切になってきます。

バイナリーオプションの取引手法は、大きく分けて2つあります。

順張り手法逆張り手法です。

順張り手法とは相場にトレンドが出た時に、トレンドと同じ方向にエントリーする手法です。

逆張り手法とは相場に値動きがないレンジ相場の時に、値動きとは逆方向へとエントリーする手法です。

取引手法を決めるにはやりやすさも重要ですが、自分が取引できる時間帯の値動きも念頭に置いて決めるべきです。

そのためにも、先程書いたテクニカル分析も時間帯のお話も大切になってきます。

手法が決まれば、後はそれに合ったインジケーターを利用して、チャート分析を行ってみて下さい。

慣れてきた頃には、エントリーポイントが見極められるようになってきます。

 

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

以上が初心者がバイナリーオプションで勝つために必要な情報になります。

まとめると

  • バイナリーオプションにはメリットもデメリットもある!
  • 詐欺やトラブルの情報に振り回されてはダメ!
  • ハイローオーストラリアが1番のオススメ!
  • ノートに書いて細かく分析すれば勝てる!
  • デモ取引でチャートの動きや勝てる時間をみつけよう!
  • 資金管理は大切に!感情的に取引しない!

ということになります。

バイナリーオプションは確かに初心者には敷居が高いです。

しかし、初心者でもきちんとした知識と手法を用いれば、勝率の良い投資になります。

まずは、ここに書いてあることを取り入れて、デモ取引から始めてみて下さい。

皆さんがこの記事を読んでくれたことをきっかけに、バイナリーオプションで稼いでくれたら嬉しく思います。

では最後までご覧頂き、どうもありがとうございました。

 

お問い合わせはこちら 

LINE@【ID:@xgx4750g】のご登録はこちら

LINE@画像 

裁量トレードを極めて一生もののスキルを得たい方へ(補助としてオリジナルサインツール+最先端インジケーターもあり)

トレーダーリュウとの出会い、そしてLast Binary(ラストバイナリー)始動!

 

AI(人工知能)搭載の最新配信システムで従うだけで稼ぎたい人へ

配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』

裁量トレード×LINE@配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』
 

自動売買で完全ほったらかしで稼ぎたい人へ

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」