バイナリーオプションで失敗した人の特徴と失敗しない為の方法を解説

バイナリーオプションの失敗 

誰だってバイナリーオプションをやるからには、負けて失敗するのではなく、利益を出して「勝ち組」になりたいはずです。

一回一回の取引で負けることはありますが、通算で損を出した状態でやめてしまうと、「投資は失敗だった」ということになってしまいます。

 

そうならない為に、今回はバイナリーオプションの失敗に関する記事を書いてみました。

今まで失敗続きだった人は、この記事を読むだけで失敗することは無くなると思います。

「バイナリーオプションで失敗したくない人」はしっかりご覧ください!

1.バイナリーオプションで失敗した人の特徴6つ

バイナリーオプションで失敗した人達

バイナリーオプションに挑戦し、失敗している人は約9割と言われています。

僕は今でこそバイナリーオプションで稼げるようになりましたが、以前はバイナリーオプションで大失敗を経験しました。

 

その時の経験をもとに、なぜ敗したのかを振り返ってまとめてみました。

おそらくこの特徴は世の中でバイナリーオプションで失敗している人たちにも共通していることが多いのではないかと思います。

一つでも当てはまっていると失敗につながる可能性が高まってしまうので、しっかり確認してください。

 

メンタル管理ができておらず感情で取引する

メンタル管理できずに感情で取引する人

これは初心者の人に多く当てはまります。

 

バイナリーオプションでエントリーする際には、必ずどんな人でも根拠となるエントリーポイントを持っています。

インターネットで勉強したり、誰かから教えてもらうなど経緯は人によって異なりますが、それぞれ信頼できるエントリーポイントを持って相場に臨むはずです。

 

その根拠を持たずに当てずっぽうでエントリーする人は負けて当たり前の「論外」です。

そんな人は、9割の負ける人の上に成り立つ1割の勝負に勝つ人からすると、カモがネギを背負ってきた「カモネギ」と一緒です。

 

しかしメンタル管理ができていない人は、せっかく勉強したエントリーポイントが頭の中にあっても、実際に「守る」ことができていません。

 

なので結果的にバイナリーオプションで負ける「カモネギ」と一緒になってしまっているのです。

エントリーポイントについてのノウハウを知っていても、実際にできていなければまったく意味がありません。

 

ビギナーズラックで勝ちが続いているときはいいですが、負けが込んだりして資金が減ってくると、とんでもなく大きな不安に襲われます。

そうなると「早く取り戻したい」「一気に取り返したい」という気持ちになり、エントリーポイントを決めたはずなのに、基準を満たしていなくてもエントリーしてしまいます。

結果、負けます。

 

そうなると、さらなる焦りや不安が生まれ、負のスパイラルに入り、どんどん資金が減っていき、全て資金を溶かしてしまうことになるでしょう。

 

ボラティリティの多い通貨で取引をしている

ボラティリティの高い通貨での取引

バイナリーオプションには、初心者は避けておいたほうがいい通貨ペアがあります。

それは、ボラティリティが大きい(=値動きが大きい)通貨ペアです。

 

値動きが激しい通貨ペアでは上がったり、下がったりして、行ったり来たりを繰り返します。

そのため、◯分前は大きく勝てそうだったが、いきなり大きく相場が動き、所定の時間になった際には負けてしまったということがよく起こります。

 

つまり相場がどちらに動くということがわかりづらいのです。

そういった特性のある通貨ペアを知らずに選んでいると、結果的に負ける可能性をぐーっと上げてしまうことになります。

 

そのため、初心者には行うべき通貨ペアと行うべきではない通貨ペアがあるのです。

そこのところを実際にバイナリーオプションを始める前に、しっかり理解して取り組むべきでしょう。

 

資金管理ができていない

資金管理ができていない様子

資金管理はとっても重要な項目です。

まずは意識的に資金をどのように管理しようとルールを決めておきましょう。

 

もし、資金管理のルールをあらかじめ決めた上で感情に左右され、資金管理ができなくなることは正直よくあることかもしれません。

しかし前提として資金管理のルールを決めておかないと、本当にお話にならないです。

 

ここでは初心者の方にカンタンに話すと、資金管理とは、「一回の取引で資金の何%を失ってもいいか?」を決めるだけです。

堅くいけば、一回の取引で資金の2〜5%ほどで取引するのが良いと言われています。

 

仮に資金が10万円だったとすると、一回の取引金額は、2000〜5000円と言うことになります。

決めてしまえばカンタンですが、このルールすら決めていない人も多いです。

 

また決めていても、実際には破ってしまい、なかなか守れていない人もかなり多いです。

一回の取引を2000円として、ビギナーズラックで連勝できて気が大きくなり、一回の取引額を10000円に増やしたら、一回負けるだけで大きくマイナスになってしまいます。

 

その逆はさらに悲惨です。

負けが込んで、感情的になり、一回の取引額を増やして大きく負けたら、資金が底をつき、「即退場」もありえます。

 

資金管理はまずルールを決めること。

そしてそのルールをしっかり守り続けること。

これが基本であり、奥義です。

 

相場分析をしていない

相場管理ができていない様子 

バイナリーオプションで勝っている人は、

必ず相場分析をかなり綿密に行っており、勝った時や負けた時の反省をしっかりしています。

 

そして、負ける人は相場分析をしていません。

もしくは手を抜いています。

結局は勝てる人も負ける人も、同じチャートを見ているわけですから、そこから何を考え、どう行動するのかが一番大事になるのです。

 

しかし、相場分析には模範解答となる正解はありません。

「ダウ理論」などの参考にする知識は勉強すればするほど習得できます。

 

でも、実際の相場はいくつもの要素が複雑に絡まりあう為、習得している理論が出現していることに気がつけないことが多いです。

例え、気が付いても、「買い」でエントリーすべきなのか?

「売り」でエントリーすべきなのか?

それともエントリーしないで「待つ」べきなのか?を瞬時に判断しなければいけません。

 

どんなバイナリーオプションのプロでも勝率100%で一生いられる人はいません。

つまり負けトレード(判断を間違える)になることは十分あります。

 

しかしバイナリーオプションで勝っている人は、過去の相場を振り返り、「この時にこうすべきだった」と分析し続けることによって、リアルタイムでの相場分析も正確にでき、早い判断ができるようになっています。

何も初めからできていたわけではありません。

「相場分析をしよう!し続けよう!」と決意し、やり続けたかどうか?

これが非常に大事になります。

 

バイナリーオプションで負ける人は、相場分析をやり続けていないから、力不足で負けるのです。

相場分析には正解がないです。

 

初めは色々と模索しながらやっていくことになります。

しかし諦めないで続けていくことで、力がついて来て、勝てるトレーダーになることができるのです。

 

マーチンやナンピンなどの手法を使っている

マーチンやナンピンなどの手法を使っている人 

バイナリーオプションで負けないためには、マーチン手法、ナンピンなどの手法を絶対に行わないことが大事です。

これに関しては、何故ダメなのか?の説明は不要だと思います。

 

結局バイナリーオプションで勝つためにはどんな手法を使うべきなのか?なんてインターネットで少し検索すれば、すぐに出て来ます。

それすら行わずに、負ける手法を知らずに行い続けていれば、確実に負け、資金は必ず底を尽きます。

 

つまりどれくらいバイナリーオプションで勝ちたいか?という動機が弱いと、少し検索をかけるくらいの行動すら面倒臭くなり、知識不足で負けます。

負けが込んで、感情的になり、ついナンピンしてしまうことも少なからずあるかと思います。

それも確実にいつか「負けトレード」になり、「退場」への一歩を歩むことになるので、絶対にしないようにしましょう。

 

経済指標をチェックしない

経済指標をチェックしない様子 

経済指標をチェックしないでバイナリーオプションをすることも絶対にしてはいけません。

確実にいつか大負けしてしまうことでしょう。

 

経済指標をチェックしないでバイナリーオプションをすることは

サーフィンに例えると、台風予報が出ているのに、海に出ることと一緒です。

そうすると、大波にさらわれ、最悪命を落とすことになるでしょう。

 

相場には、絶対に逆らえない「波」があります。

経済指標は、全世界の多くのトレーダーが注目しており、相場を一気に動かす「大波」を瞬時に作り出します。

 

その「大波」が出る可能性がある時刻をあらかじめ知ることができるのに、あそれをやらないのは、初心者中の初心者です。

そんな人は、負けて当然です。

 

どんなサイトでも簡単にチェックするだけなので、絶対に経済指標は確認してからトレードに臨むようにしましょう。

 

2.失敗談や失敗例を考えてみた

バイナリーオプションの失敗談や失敗例について 

先ほどの6つの負ける要素を繰り返していくと、確実にバイナリーオプションで失敗します。

負け続けるとどうなるか、後々語ることになる失敗談や失敗例を考えてみました。

バイナリーオプションで失敗し続けると、遅かれ早かれ、資金は120%の確率で全て溶けます。

 

資金の量は人によりますが、多くの人が元手となる資金を集めるのはカンタンではありません。

仮にサラリーマンやフリーターの人で、元手20万を用意するのは難しいことです。

 

やっと苦労して用意できた資金を溶かしてしまうと、次にもう一度まとまった資金を作るのにかなりの時間を要します。

サラリーマンでもう一度、元手の20万を用意しようとすれば、貯金を数ヶ月はしなければならないでしょう。

 

その間は一切、バイナリーオプションはできません。

し焦って、借金してでもいいから早くやり直したいと、消費者金融などからお金を借りてバイナリーオプションに再チャレンジした場合、その勝負で負けると、今度は借金を背負うことになります。

 

数十万円から数百万円の借金を返済しながら、サラリーマンをしても、貯金は全くできません。

よって元手を用意することができなくなり、もう投資であるバイナリーオプションには挑戦することが一切できなくなります。

 

最悪、自己破産になってしまうこともあるでしょう。

もし自己破産したことが、周囲の人間にバレてしまった場合、悪い評判がどんどん立ち、次第に関係性が悪化して、友達や同僚はあなたから離れていってしまうでしょう。

 

そうなると人間関係も最悪になり、もう人生は終わり…。

なんてことになってしまうかもしれません。

バイナリーオプションでの失敗例を妄想ではありますが、書いてみました。

 

全て当たっているとは思いませんが、まず手元の資金を全て溶かしてしまうというのは、初心者にはかなり多いことです。

元手となる資金=全財産の状態でバイナリーオプションに挑戦するのはかなり危険と言えるでしょう。

 

バイナリーオプションは投資です。

投げてもいい(=無くなってもいい)資金で行うから、「投資」なのです。

そのことを、忘れずにバイナリーオプションに挑戦するようにしましょう

 

3.失敗しないためにはどうしたらいいか?

バイナリーオプションで失敗しないためには環境に変える

環境が変わる様子 

バイナリーオプションに限らず、投資で結果を出すにはまず先に必ず取りかからなければならないことがあります。

これから述べていくことはインターネットを検索して出てきたような巷で転がっている誰でも言えるようなことではありません。

 

ここまで成功してするまでに色々な失敗をしてきた僕が、一番大事だったことは何かと現在自分自身に質問したとして、真っ先に挙がる答えです。

つまり実体験になります

 

バイナリーオプションで失敗しないためには何をすればいいか?

よく巷で言われているのが、

資金管理を徹底すること?

自分の取引のルールを守ること?

メンタル管理をすること?

などですが、僕の出した答えは違います。

 

もっとそれ以前のことです。

それは、

「今の自分が置かれている環境を、勝てる環境に変えること」

です。

「なんだそんなことか。」「期待して損した」と思っている人へ。

そんなあなたは、まだ今現在100%バイナリーオプションで結果が出ておらず、失敗している人だと断言できます。

 

なぜなら世の中で結果を出している人の成功法則は全てシンプルなものであり、成功者はシンプルなことほど大事だということを理解しているからです。

世の中の成功者で、成功法則は何か?と言われて、複雑な具体例などを挙げている人は一人もいないです。

 

成功するにはどんなことをすればいいか、成功法則は何か?

有名人の例を取ってみると、ソフトバンクの孫正義さんは、楽天の三木谷社長は、元メジャーリーガーのイチローはなんと言っていますか?

成功したジャンルは異なっても、どんなことにも共通するようなシンプルで普遍的なことを述べていませんか?

 

結局何かしらで上手くいった、成功した人たちは、今までの経験から何が大事だったか導き出しているわけです。

自分の頭の中で検索をかけて、出た答えを言っているので、結果的に難しいことではなくシンプルなことになるんだと思います。

 

バイナリーオプション業界において今現在、僕よりも結果を出している人、成功している人は世の中にはごまんといると思います。

でもこんな僕でもプロフィールに記載したような結果を出すことができ、小さな成功を収めることができました。

そんな僕が今までの経験を通して、バイナリーオプションで失敗しないために何が大事だったか挙げるとしたら、「今の自分が置かれている環境を、勝てる環境に変えること」

これに尽きます。

 

バイナリーオプションに限ったことではないかもしれませんが、

ビジネスや投資で失敗で終わらずに、結果を出している人は「勝てる環境に変えることの大切さ」を理解しており、自分の環境を意図的に、「勝てる環境」に変えています。

 

つまり勝つ前に「勝てる環境」が必ず土台としてあるのです。

その土台の上に結果が積み重なっていくのです。

勝つための土台を積み重ねている様子 

バイナリーオプションで結果を出すためには、結果を積み重ねていく土台が必要です。

その土台が「勝てる環境」ということだと、僕は断言できます。

これからは「勝てる環境」を具体的に解説していきます。

 

①PCやネット環境を整備

整備されたネット環境やPC

バイナリーオプションで結果を出す為に、性能の良いPCや通信速度の速いネット環境を整えるのは、必須になります。

何も最先端のお店で一番良いものを揃えろと言っているわけではありません。

 

トレードの際に、フリーズが起きたり、通信速度が遅い為に操作したはずの取引が行えなかったら、実力があっても勝てるものも勝てなくなります。

何かをする上で、使用する道具の大切さを野球を例に挙げると、いくら元メジャーリーガーのイチローでも、プラスチックのバットでは硬式ボールをヒットにはできないでしょう。

 

それと同じで、バイナリーオプションで結果を出す為には、最低限、性能の良いPCやネット環境は用意しましょう。

具体的にはWindows7以上、MacのPCは準備し、インターネット回線は「NURO光、au光、ドコモ光、ビックローブ光、ソフトバンク光」あたりから選ぶようにしましょう。

 

②国内ではなく、海外の取引業者を使うこと

ハイローオーストラリア 

これは2013年にバイナリーオプション規制が入り、

国内バイナリーオプション業者は30秒や1分などの超短期取引、取引回数、最大購入可能金額などが制限されてしまった為、大きな利益を稼ぐ事が困難になってしまったからです

 

そのため、バイナリーオプションで今後結果を出していきたい人、失敗したくない人達は必ず国内業者ではなく、海外の取引業者を利用するようにしてください。

僕が利用しているのは、海外取引業者では一番有名なハイローオーストラリアです。

皆さんもハイローオーストラリアを利用することを強く勧めます。

 

ハイローオーストラリアの良いところは、

①資金管理が安全(会社の資金とユーザーが預けたお金を区別して保管しているため、倒産しても返ってくる)

②クレジットカードでも銀行振込でも入金の反映が早い

③稼いだお金を出金したくなっても申請から翌日には可能

④サポートは日本語で電話もメールもできる

⑤デモトレード機能も無料で使用できる為、不安なら慣れるまで練習できる

などの点が挙げられます。

 

デメリットとしては、

①スマホでの操作は画面が見づらく、オススメできない

②最低取引価格が1000円からなので業界では少し高い方

などが挙げられます。

 

しかしこれらのデメリットは

①スマホでの操作は画面が見づらく、オススメできない

→スマホでの操作をそもそもしなければ良い。

私もバイナリーオプションをスマホで行うことはありません。

②最低取引価格が1000円からなので業界では少し高い方

→そもそも最低取引額1000円で行い続けるのは、よっぽど自信がない初心者の時期だけ。1000円すら失う可能性が怖いなら、自信がつくまで完全無料のでもトレードを使えば良い。

 

そもそもバイナリーオプションで大きく勝つには、いずれ取引額も大きくする必要がある為、長い目で見ればデメリットとして考えなくて大丈夫。と僕は考えます。

 

その為、国内業者は使わずに、海外業者であるハイローオーストラリアを使うようにしましょう!

③部屋をきれいに保ち、よく寝ること

部屋が綺麗でよく寝ている人 

この言葉の真意は、「自分の限りある集中力をトレード以外の無駄なことで消耗するな」という意味です。

 

バイナリーオプションで結果を出す為には、高い集中力が必要です。

ぼーっと重いまぶたをこすり、ウトウト眠い状態ではもちろん、1日の中で一番の集中力を発揮させないと、トレードでは勝つことはできません。

その集中力を生み出す源となるのは、自分の脳の前頭葉の「ウィルパワー」になります。

 

専門書によると、前頭葉は「人が人であるための思考や創造性を担う脳の最高中枢である」と書かれています。

その前頭葉にある「ウィルパワー」とは思考や感情をコントロールする力で、前頭葉の「体力」のようなものです。

 

ゲームのキャラクターが、敵の攻撃を受けると体力が減るように、ウィルパワーにも一定の量があり、集中力を使うたびに少しづつ消耗してしまいます。

そのため、自分の部屋が汚い、散らかっている人は、毎日毎日無意識的に「今日も部屋が汚い、散らかっている」と感情が動き、嫌な気分になったりして、無意識的にウィルパワーを消耗しています。

 

また実際に片付けようとすると、それにも集中力を使うので、ウィルパワーを消耗します。

ウィルパワーを消耗すればするほど、トレードの際の集中力の源であるウィルパワーが少なくなるので、集中しようとしても集中できないのです。

 

だから自分の部屋はできるだけキレイに保ち、いちいち片付けることがない状態を保つことも、結局遠回しにバイナリーオプションで結果を出す為に必要なのです。

また、ウィルパワーは良質な睡眠を取ることで毎回回復します。

 

なので睡眠時間を削って、無理に頑張ろうとすることは、かえってウィルパワーが少ない状態でトレードに挑むことと同じなので、結果的にトレードで負ける可能性を高め、バイナリーオプションで失敗するはめになることでしょう。

 

④トレードのためにやらないことを決める

やることやらないことを決める様子 

この話も集中力の源であるウィルパワーに関連してきます。

人間は、歴史的に有名な偉人でもない限り、そもそも備わっている能力に差はありません。

もともと備わっているウィルパワーの総量も変わりません。

 

ではなんで成功者とそうでない人に分かれるのかというと、その限りある集中力をどんなことに向けて、使っているのかで結果(=運命)が変わってくるのだと思います。

つまり集中力の使い道を厳選し、使うべきところでガッツリ集中するから、自ずと結果が出るのです。

 

バイナリーオプションで結果を出すには、やはり高い集中力が必要ですので、1日の中で、

・無駄にスマホでネットサーフィンをしたり

・スマホでSNSチェックで1〜2時間無駄にしてしまっていたり

・大好きなユーチューバーの動画を見るのが日課になっていたり

・毎日朝、昼、夜の食事で何を食べようか考えてたり

これらは全て、あなたの集中力の源である「ウィルパワー」を使用して行われています。

 

だからこそ、やらないことを決めることが大事なのです!

バイナリーオプションで本気で勝ちたいなら、トレードを第一優先にして、それに悪影響を与えることはなるべく排除することが大切なのです。

 

現に僕は、一日中、同じ部屋に閉じこもりっぱなしで、食事も決まったものしか食べず、スマホも仲間と情報交換をすることしか使用しません。

と言っても、いきなり今まで築いてきた習慣をガラッと180度変えることは、実際問題かなり大変です。

思ったよりもしんどいです。

 

現に習慣化に関する専門家も習慣を変えるには、

・まずは変えることを一つに絞る。

・最低3週間は毎日繰り返す。 

ことが大事と言っています。

 

だからまず、毎日の生活の中でトレードに関係のない無駄にウィルパワーを消耗することを一つだけやめる決断をしましょう!

そして3週間から一ヶ月間続けましょう!

 

例えば、帰宅したら寝るまでスマホはいじらないなど

こんなことでも繰り返すとトレードの際の集中力に大きく影響してきます。

 

バイナリーオプションで失敗しない為に、結果を出す為に

「何かをやめる決断」をしましょう!

 

⑤この人と決めたメンターから教えを受けること

ポイント 

最後の、この章が一番大事になります。

それは必ず独学ではなく、「実績を出している、信頼できるメンター」に教わることです!

 

僕もバイナリーオプションで結果が出ていないときは、完全に独学で学んでいました。

相場の見方や資金管理の仕方、メンタル管理の仕方など、インターネットで検索をある程度続ければ、バイナリーオプションで結果を出す為に必要なことは出てきました。

 

そして、それらを心得た上で、一日15時間以上PCの前で相場と向き合い続け、努力に努力を重ねました。

それでも全く勝てませんでした。

 

むしろやればやるほど負けるようになってしまいました。

今思えば、当時は新しいPCも買ってネット環境も整備し、海外の取引業者を使用し、PCと椅子しかない部屋で睡眠時間もしっかりと毎日とり、トレード以外のことは全くしていなかったにも関わらず、全く勝てませんでした…。

 

当時はもう最悪の負のループにはまり、自分では自分の状況が客観的にわからない状態になっていました。

でも今のメンターに出会ってから、僕のバイナリーオプションの結果が180°変わり始めました。

 

やはり結果を出している本物(プロ)は、目の付け所が全く違います。

僕は、自分の状況がどうなのか診断してもらい、それに応じたアドバイスを2〜3個実践し、どういう結果が出たかお教えしてフィードバックを貰い、次回以降どうすればいいか再度アドバイスをもらうことで結果が出るようになったのです。

 

つまり、本物のプロは病院で医者が患者を診察するかのように、

患者(バイナリーオプションで結果が出ていない人)の現状を診察してくれ、適切な治療(適切なアドバイスを送る)を行ってくれ、治療が上手くいったか(トレード結果から再度アドバイス)を確認してくれるのです。

この中で一番大事なのは、「患者(結果が出ていない人)の診察」です。

 

これを間違うと、その先全てが変わってきてしまうからです。

本物のプロは成功するまでに築いてきた圧倒的な知識と経験から、この診察を瞬時にできるから、バイナリーオプションで結果が出ていない人でも上手く成功するように導けるのです。

 

この診察を、知識も経験も圧倒的に足りない結果が出ていない人が自分自身に行なうから、結局、診察結果を間違えていたのです。

今では僕も、自分自身が継続的にトレードに勝てるようになったので、バイナリーオプションで勝つ為に何が大事かわかるようになりました。

 

もちろん、世の中にはバイナリーオプションで結果を出している風な人がたくさんいます。

そんな人たちはみんなたいした実力もないくせに、少し実績が出ただけで、初心者から高額なコンサル料金を得る為に、「自分は成功者だ!みんな私についてきなさい!」とばかりに、SNSやブログなどのメディアでアピールをします。

そんな人達には決してついていかないように注意してください。

 

高額なコンサル料金を取られただけで、大したことも教えてもらえずに、連絡がつかなくなってしまうことでしょう。

そんな時に、僕が注意して見るべきポイントとして考えるのは、

・お客様(自分の生徒となる人達、自分の生徒達)に敬意を払っているか?

・自分自身も圧倒的な結果を長期間出し続けているか?生徒達も結果が出ているか? の2点です。

やはり、人に何かを教える為にはコミュニケーションを取る必要がありますから、先生が生徒のことをどのように思っているか?は細かい言動や行動に現れます。

 

例えば、

・質問をしても返信が遅い、

・言葉遣いが荒い などです。

これらの反応を通じて、敬意を払われていないなと感じる場合は、いくら結果が出ていても指導を仰ぐべきではないと思います。

 

 またバイナリーオプションで指導を受けるに当たって、圧倒的な実績を長期間出している人に教わることは当たり前として、その生徒達も結果がしっかりと出ている証拠を出している人から教わることができるのがベストでしょう!

自分一人が結果を出しても、それを他人に教えて成功に導くにはより一層の経験と教える技術も必要になってくるからです。

 

バイナリーオプションで結果を出せるようになった今の僕が、結果の出ていなかった頃の自分にメンター探しの注意点を教えるとしたら、以上のような感じになるでしょう。

バイナリーオプションで結果を出す為には、「自分がついていくメンターを決して間違えてはいけない」と僕は思います。

 

バイナリーオプションの失敗に関するまとめ

いかがだったでしょうか?

今回はバイナリーオプションの失敗に関する記事を書いてみました。

 

カンタンにまとめると、失敗する人には失敗する特徴があり、うまく行く人にはうまくいく特徴があることがあるということです。

1日の生活の全てが、投資で勝つ為にリンクしていて、そういう身の回りのことから環境整備を進めて行くことが大事です。

 

ではバイナリーオプションで失敗しない為にも、スキルアップ、環境整備をしていきましょう!

お問い合わせはこちら

LINE@【ID:@xgx4750g】のご登録はこちら

LINE@画像

裁量トレードを極めて一生もののスキルを得たい方へ(補助としてオリジナルサインツール+最先端インジケーターもあり)

トレーダーリュウとの出会い、そしてLast Binary(ラストバイナリー)始動!

AI(人工知能)搭載の最新配信システムで従うだけで稼ぎたい人へ

裁量トレード×LINE@配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』

裁量トレード×LINE@配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』

自動売買で完全ほったらかしで稼ぎたい人へ

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」