バイナリーオプションの国内、海外業者に関するアンケート調査結果

アンケート

 

バイナリーオプションには国内外問わず様々な業者がありますが、実際のところトレーダーはどの業者を使っているのでしょうか。

 

今回は「バイナリーオプションの業者」について、ラストバイナリー会員の皆さんにアンケートを取ってきましたので、そちらをご紹介していきます。

実際にバイナリーオプションをやり続けている方達の声になってきますので、業者選びの参考にぜひしていただければ幸いです。

 

国内のバイナリーオプション業者についてのアンケート

国内のバイナリーオプション業者についてのアンケート

【集計期間】 2021.3.5 ~ 2021.3.11

【対  象】 Last Bainary(ラストバイナリー)会員

【回  答】 48名

 

まず国内業者についてのアンケートをご紹介していきます。

実際に使ったことがある方はどれくらいいるのでしょうか。

グラフにまとめたのでご覧ください。

国内証券

48件の回答中、そもそも75%の人は国内業者を使ったことがないという答えが返ってきました。

これはあくまでもラストバイナリーの会員様の声になるので一概には言えませんが、国内のバイナリーオプション業者を使っている人の割合は低い、ということが見て取れますね。

 

証券会社別にまとめると下記のようなグラフになります。

GMOクリック証券を使っている方が多く、あとは横並びという風になっています。

業者を選んだ理由

なぜその業者を選んだか、という理由もお答えいただいているのでご紹介します。

【GMOクリック証券】

・知人に勧められて
・知名度があるから
・国内業者と海外業者の違いがわからず、安心感で選んだ

【SBI証券】

・金融商品の多さ、手数料を考慮して
・なんとなく思いつきで

【大和証券】

・信用がある

【楽天】

・ポイントがもらえるから

トラブルに巻き込まれたことはあるか?

国内業者を利用することでトラブルにあったことがあるか、ということについてもアンケートしてみました。

アンケートの結果、国内業者を利用したことでトラブルに見舞われた方は一人もいらっしゃいませんでした。

安全面から国内業者を選ぶ方もいらっしゃると思いますが、やはり国内業者は安全性はかなり高いということが見て取れますね。

メリット・デメリット

国内バイナリーオプション業者を使うことのメリット・デメリットもアンケートしました。

メリット

・国内なので安心感がある

・出金が手数料無しで、申請日の翌日には入金された(GMOクリック証券の場合)

・入出金がスムーズ

・手数料が安い

 

デメリット

・負けにくいが、勝った時の利益が少ない

・負けた時の損失額が大きい

 

という意見が挙がっています。

国内業者のアンケート結果まとめ

アンケート結果から、国内業者は

安全性が高く負けにくいが、利益は出しにくい

負けた時に損失が大きくなることがある

といった特徴を感じているトレーダーさんが多いです。

 

バイナリーオプションを始めるにあたって、国内業者は安全面という点ではとても安心できます。

しかし一方で、稼ぎ辛い面があるという点でデメリットを感じているトレーダーの方も多いようです。

 

海外のバイナリーオプション業者についてのアンケート

海外のバイナリーオプション業者についてのアンケート

【集計期間】 2021.3.5 ~ 2021.3.11

【対  象】 Last Bainary(ラストバイナリー)会員

【回  答】 47名

 

海外業者についてのアンケートもご紹介していきます。まず今まで何社使ったことがあるか、という質問に対しての回答は以下の通りです。

ラストバイナリーの会員様の場合は、全員が海外業者を使ったことがあるという結果になりました。

ほとんどの方は1つの特定の業者を使われているようですが、数社使ったことがあるという方もいらっしゃいました。

 

「どの業者を使っているか」という質問に対する回答は以下の通りです。

一番多いのはハイローオーストラリア(highlow.com)で、実に97.9%の方が使っていると回答しています。

次いで「ザ・オプション」、「ファイブスターマーケッツ」と続いていきます。

業者を使った理由

その業者を使った理由についての回答もご紹介していきます。

【ハイローオーストラリア】

・知名度があるから
・ネット情報で選んだ
・人に勧められたから
・ネットで一番人気だったから
・信頼できる人が使っていたから
・出金が早いと聞いたから
・ほとんどの人が使っているから
・出金拒否されることがほぼないと聞いたから
・YouTubeを見て使ってみようと思った

【ザ・オプション】

・知名度があるから
・ネットで調べて評判が良かったから
・マスターカードが使えるから
・定期的に行われるキャンペーンの内容が良いから
・出金拒否されることがほぼないと聞いたから

【ファイブスターマーケッツ】

・最低エントリー金額が500円で、初心者でも安心と感じたから
・知名度があるから

といった理由が寄せられました。

トラブルに巻き込まれたことはあるか


・ハイローオーストラリア(highlow.com)でビットコインでの入金エラー。

10万円分送金したが、されていないと主張されてしまった。

トランザクションIDを求められたが、わからず有耶無耶になってしまった。

・特定の時間を狙い、逆張りだけで利益を上げていた4口座が凍結されてしまった。

特定の時間を狙っていたことで、機械的だと判断されたのが凍結の原因だと思われる。

といった声が寄せられました。

 

「海外業者は稼ぎすぎると凍結される」ということを聞くことがあるかもしれませんが、取引の仕方によっては自動売買ツールを使用しているなどと判断されてしまい、それが凍結の原因になることがあるようです。

なので稼ぎすぎたら凍結される、とは一概には言えないようですね。

ただ凍結のリスクは付きまとうので、ある程度覚悟しておく必要はあります。

メリット・デメリット

トレーダーが感じている、海外業者を使うことのメリット・デメリットもご紹介します。

メリット

・短期取引ができる

・出金が早い。午後に申請しても翌日に入金されることもある

・30秒からエントリーできる

・決済時間を自分で決められるので、空いた時間に取引できるのが魅力

 

デメリット

・実のところ、何を持って信用していいかわからない

・カスタマーサービスがメールでの対応のみのため、意思疎通が図りにくい

・仲値や市場オープン、クローズ時間付近でエントリーできない通貨ペアがある

・15分取引のラスト1分で画面が切り替わるのがあまり好きでない

・ちゃんと出金されるか心配になる

・ファイブスターマーケッツはペイアウト率がコロコロ変わる

・トラブルがあった時、日本ですぐに対応依頼ができない

・ザオプションはトータル収支の確認がしにくく、確定申告の時に不便

・ハイローは約定が操作されていると感じる時がある。値が動いていないのにエントリーした時にかなりずらされたり、取引終了のタイミングが何秒かずれているのではないかと思うことが多々。

 

このような声がありました。

海外業者のアンケート結果まとめ

海外業者は、短期取引ができるという部分に魅力を感じているトレーダーさんが多いようです。

出金に関しても評判が良い取引所を使えば問題なくできる、というアンケート結果が出ました。

 

ただ日本語ですぐに対応してもらえないこともあるようで、トラブルが起こった時などに解決するのに手間取ってしまうという声も挙がっています。

 

もちろんこれらは個人が感じたことで、必ずしも全員が感じていることではありませんが、そのように感じられている人がいるというのも事実としてあるので、メリットとデメリットも踏まえてぜひ業者選びの参考にしていただければ幸いです。

 

バイナリーオプション業者アンケートのまとめ

ラストバイナリーの会員様に実施した、使っている業者についてのアンケートをご紹介してきました。

実際にバイナリーオプション取引をしているトレーダーの生の声を聞ける機会はかなり少ないと思いますので、ぜひ業者選びの参考にしていただければ幸いです。

国内業者、海外業者ともに良い部分も悪い部分もあるので、「自分にはどの業者が使いやすいだろうか」ということを優先して、使う業者を探してみることをおすすめします。

 

■調査概要
調査主体:Last Binary(ラストバイナリー)
調査時期:2021年3月5日~3月11日
調査方法:Webアンケート調査
調査対象:Last Binary会員
調査機関:Last Binay運営事務局
※本調査内容を転載・ご利用頂く場合は、出典元として「Last Binary調べ」の旨を記載してください。


LINE@のご登録はこちら

お問い合わせはこちら