バイナリーオプションで複利を利かせたら、資金がめっちゃ増える件

皆さんはバイナリーオプションで月にいくら稼ぎたいですか?

 

バイナリーオプションを始めたての方には、5万円くらいの少額のお金を頑張って100万だとか300万にしたい!と意気込んでいる方もいると思います。

 

僕自身もバイナリーオプションを始めたばかりの頃は、直ぐにまとまった資金が欲しくて、少額の資金からがむしゃらに利益を増やそうとしていたことがあります。

しかし結果は見事に惨敗し、大きなマイナスを食らって終わりました(笑)

 

バイナリーオプションにおいて、一瞬で大きな金額を手に入れることは不可能ではありません。

ですが、短期間で一気に少額から大金にするのは難しいですし、それなりにリスクを伴います。

 

バイナリーオプションで稼ぎ続けるコツは、常に負けないことを意識することです。

バイナリーオプションで少額から大きな額にしていきたいのなら、5万円を6万円に、6万円を7万円に…とリスクを減らして着実に、かつ効率よく資金を増やしていったほうが実現しやすいです。

 

実際ぼくも、ある『コツ』を掴んでそれを取り入れるようにしてから、あっという間にひと月のバイナリーオプションの利益が一般的なサラリーマンの給料を大幅に超えました!

しかもこの方法を意識してから、常に毎月プラスという嬉しい結果を出せています。

そのコツというのが、タイトルにある『複利運用』の考えなのですが、これを知っているだけで今までどんなにバイナリーオプションで損失を出していたとしても、投資に対する意識が変わり、投資の可能性に気づいてもらえると思います!

 

なので今回は、「一攫千金を狙って損失をくらう」という人をこれ以上ださない為に、安定して利益を出し続けられて、小さな額から始めても、まとまった大きな額を生み出せる『複利の力』についてお伝えしていきます。

複利とは?

重要
『複利運用』とはバイナリーオプションの取引で得た利益分をさらに投資金にまわす資産運用法のひとつです。

 

具体的な数字で説明しますと、例えば資金1万円、1回のエントリー額1000円でトレードし、1日目で資金を2万円にしたとします。

そしたら次の日に、賭金を上げて2000円にし、資金を4万円に増やします。

 

資金が増えたので、次の日また賭金を上げてエントリーして…と、利益が出たらその分、次の取引額を引き上げていきます。

 

回数を重ねる度にどんどん利益が膨らんでいくため、“雪だるま式にお金が増えていく方法”とも言われるこの複利運用は、バイナリーオプションだけではなく、他の投資をしている多くの投資家さん達が取り入れている堅い投資方法であり、かの有名なアインシュタインも『複利とは人類の偉大なる発明である』という名言を残すほど、複利の力というのは凄まじく絶大です。

 

複利運用のメリット

複利運用の凄さは、なんといっても利益の増え方にあります。

流石に1万円をひと月で100万円に、というのは現実的では無いですが、複利運用すれば賭金をずっと変えず一定額でやる単利運用よりも100万円達成までの期間がかなり短くなります。

 

下の図を御覧ください。

これは、賭金を一定させて取引する単利運用と、利益が出たら賭金を上げていく複利運用の資金の増え方を示したものです。

 

1万円資金、1000円エントリースタート、ペイアウトは1.9倍

単利運用は固定で1000円エントリー

複利運用は元本の10%の金額でエントリー

最初の頃はそこまで大きな差はありませんが、20回を超えたあたりから資金の増え方に大きく差がでています。

30回目あたりで、複利運用したほうの総額は、単利運用の3倍以上になっています。

 

複利運用の良いところは、たまに負けてしまったとしても、長い視野で見ていくと大きな利益に繋がることです。

 

さらに、取引で得た利益で取引額にしていくため、たとえ負けたとしても、これまでの労力が無駄にはなってはしまいますが、あなたが元々持っていたお金を減らすわけではないので安心です。

 

そしてもうひとつ、複利運用は賭金を上げていくことで利益を大きく増やしていくやり方なので、単利の時と同じ労力、同じ取引回数、同じ勝率であっても、単利の時以上に利益を出せるので、負担が同じで大きな利益を出していくことができます。

 

複利運用によって確実に稼ぐための5つのルール

バイナリーオプションはお金が絡むものなのでどうしてもと戦っていかなくてはなりません。

複利の凄さがわかったからと、闇雲に賭金を上げていったり、1日に何度も取引してしまっていては上手くいきません。

また、出た利益を引き出して、バイナリーオプション以外のことに使ってしまってもいけません。

複利運用を最大限に活かして確実に稼いでもらうために、僕がバイナリーオプションで実際に取り入れていた5つのルールをご紹介したいと思います。

※取引する証券会社はハイローオーストラリアをご利用して取引をして下さい。その他の証券会社を利用すると、お金が増えなかったり出金拒否に遭う可能性があります。

 

1. 短期的でなく、長期的に利益を出すことを目標にする

目標設定をする時に、元手の金額に見合っていなかったり、短期間で大きな利益を出すことを目標にすると『勝たなきゃ!』とトレードに力が入ってしまい上手くいきません。

 

複利運用の知識もなく、一気にお金を増やすことに夢中だった頃の僕は、

『キリの良い金額までもう少し稼ごう』
とか
『さっき負けたから取り返すぜ』

と、短期的な結果に目がいってしまい、欲に駆られた取引をして失敗しました。

 

そんな取引をしなくても、複利の力に頼れば少ない労力で確実に利益を出せることは、もうご理解いただけたと思います。

毎週25万円稼いで100万円目指すよりも、複利運用を取り入れながら1ヶ月かけて100万円利益を出すほうが、より確実で現実的になります。

 

1日で少額から大金に増やすより、資金に応じて賭金を少しずつ上げていくだけで、毎日同じペース、同じ回数で取引しても資金が増えるので、目前の利益よりも1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後に、口座残高が増えるのをイメージしながら取引して下さい。

 

2. 目標日利を固定する

重要

日利とは、1日単位で出す利益率のことです。

わかりやすく言うと「1日で元手の何%増やせたか」を意味します。

僕にとって日利の設定は、複利の力をバイナリーオプションで活かす上で一番重要なルールでした。

日利をどのくらい出せるかで1ヶ月後のトータル利益が大きく変わります。

 

しかし僕の場合は、月の初めに目標日利を決めておくことで、『1ヶ月このルールに従ってエントリーしたらどれだけお金が増えているか』を明確に数値化しシミュレーションできたので、無理にエントリーすることが減りました。

 

例えば、実際に複利運用をした時のシミュレーションはこんな感じです。

・5万円の元手でスタート。

・1ヶ月間、1日あたり、その日の元手の20%の利益を出すことを目標

 

取引は平日しか出来ず、1ヶ月に取引できる日数は約20日となるため、20日分の金額の推移を表にしてみました。

口座残高 利益 小計
1 50,000 10,000 60,000
2 60,000 12,000 72,000
3 72.000 14,400 86,400
4 86,400 17,280 103,680
5 103,680 20,736 124,416
6 124,416 24,883 149,299
7 149,299 29,860 179,159
8 179,159 35,832 214,991
9 214,991 42,998 257,989
10 257,989 51,598 309,587
11 309,587 61,917 371,504
12 371,504 74,301 445,805
13 445,805 89,161 534,966
14 534,966 106,993 641,959
15 641,959 128,392 770,351
16 770,351 154,070 924,421
17 924,421 184,884 1,109,306
18 1109,306 221,861 1,331,167
19 1,331,167 266,233 1,597,400
20 1,597,400 319,480 1,916,880

取引出来ない日や、負けて終わる日もあるので、実際は図の通りにいかないかもしれませんが、安定して1日あたり元手の20%の利益を出していけたとしたら、5万円だった資金が1ヶ月後には190万円になります。

初日は元手5万円だったのに、すごい増え方ですよね?

 

日利20%というのはあくまで例なので、目標日利はご自身で決めて頂いて構いません。

『どのくらいの目標が良いのか』ということが重要なのではなく、『目標を設定してルールを守ること』に意味があります。

 

そもそも日利20%というのは爆利なので現実的ではありません(笑)

しかし、少ない元手から大きな元手に増やしている人がいるのも事実です。

 

どちらにしても複利運用は、単利運用より利益が良いので、無理せず達成できる利率にするのがベストです!

 

3. 掛け金は、元手の5%から10%で統一する

掛け金を固定しておくことは、投資に挑む上でとても大切な習慣です。

 

口座に5万円あるからといって1回1万円のエントリーをしていたら、よほど勝率が安定している方でなければ、あっという間に溶かしてしまいます。

 

いくら複利の力が凄くても、口座にお金がなければどうしようもありません。

投資に絶対は無いので、負けたとしても戦い続けられる金額でトレードしましょう。

重要

基本的に元金の5%〜10%でエントリーするのが好ましいです。

 

それから、複利運用をすると毎日元手が大きくなっていくので、それに合わせて適切な掛け金にしていくことも重要です。

ただ、取引ごとにいちいち掛け金を変えるのは大変なので、1日単位や1週間単位で増えた元手に応じて掛け金を変えていくのでも良いです。

 

4. 1日の取引回数を決める。

1日の取引回数を決めていないと、欲に負けて何度も取引したくなってしまいます。

 

手法にもよると思いますが、本当に堅いチャンスは何回も来ないです。

それに、賭ける回数を増やすということは時間と労力がかかりますし、集中力も続きません。

大切なお金をリスクにさらす機会が増えるので、取引回数は絞った方が効率的で安定して勝てます。

 

僕の場合は、数回の取引で1日の目標利益額を出せたら、その日のトレードは終わらせチャートを見ないようにしていました。

もちろん負ける日もあるので、そういったときは1日に3回連続して負けしたら取引を辞めると決めてやっていました。

 

5. 負けた日の次の日は、残った口座残高に合わせて再スタート

投資に絶対はないので1日のトータルがマイナスで終わってしまうこともあると思います。

 

もちろん僕もうまくいく日ばかりではなく、1日の結果がプラスにならないで終わる日もあります。

そういったときは無理に取り返そうと掛け金を上げるのではなく、次の日や次の週から、その時の口座残高に応じて目標日利や掛け金を変えていきます。

 

なので負けた後もノルマを達成しようと焦って、元の金額まで戻そうとせず、残った口座残高に応じて計算し直し、複利の力を信じて淡々とやり続けましょう。

それでも稼げますので大丈夫です。

むしろ、焦って負けていくパターンのほうが投資には多いので、傷が浅いうちに引き上げられるようにするのが賢明です。

 

バイナリーオプション複利のまとめ

・複利運用とは、元金に利益を足し投資金額を上げること
・複利運用すると、単利運用よりも利益の出方が大きい
・複利運用は、短期間で一気に一攫千金を狙うのではなく、長いスパンで利益を伸ばす方法
・金額を変えるだけで取引回数や勝率は変えなくても利益率が上がるので、負担が少ない

・たとえ数回負けたとしても、元手さえあれば複利の力で取り返せる日が来るから焦らないこと

ということをお伝えしました!

 

今まで何度も口座残高を0にしていた僕でさえも、複利運用を学んでからは毎月安定して利益を出せるようになりました。

 

バイナリーオプションと複利運用はとても相性が良く取り入れやすいので是非、意識してみてください。

この記事で少しでも勝ち続けるトレーダーさんが増えたら嬉しいです!

 

お問い合わせはこちら 

LINE@【ID:@xgx4750g】のご登録はこちら

LINE@画像 

裁量トレードを極めて一生もののスキルを得たい方へ(補助としてオリジナルサインツール+最先端インジケーターもあり)

トレーダーリュウとの出会い、そしてLast Binary(ラストバイナリー)始動!

 

AI(人工知能)搭載の最新配信システムで従うだけで稼ぎたい人へ

配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』

裁量トレード×LINE@配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』
 

自動売買で完全ほったらかしで稼ぎたい人へ

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」