バイナリーオプションでの確定申告のやり方を徹底解説!【永久保存版】

 

今回のテーマは「確定申告」について。

会社員や学生の方などは、バイナリーオプションを最初は副業として始められる方が多いと思いますが、バイナリーオプションで利益が出たときは確定申告をしないといけません。

今回は確定申告について、勝率85%を安定的に叩き出すプロトレーダーの石岡さんに注意点などをうかがってきました。

バイナリーオプションで稼いでいきたいなら避けては通れない道なので、この記事を参考にいくらから必要になるのか、そしてやり方も覚え、利益が出た時に備えましょう!

 

【平均勝率85%超えプロトレーダー】

プロフィール

石岡 弘充(いしおか ひろみつ)

現在37歳。大学卒業後、運送会社に8年間勤務。

給料の安さから副業を探しインターネットビジネスを知る。

転売を始め毎月10万円ほどの利益は出ていたが、アカウント停止でショート。

転売は時間や労力がかかる割には手元にお金が残らないことから、投資に興味を持つ。

Youtubeを見よう見まねでバイナリーオプションを開始したが、最初は資金管理が出来ずギャンブルトレードを繰り返し、一瞬ですべての資金を溶かす。

しっかりバイナリーオプションを学んで結果を出したいと思い、チャート分析に時間をかける。

負けトレードを検証し無駄な取引を減らし、勝てるポイントのみで取引を徹底。

検証と実践を積み重ねた結果、1週間で資金1万円を65万円に。

その後も淡々と取引をして、翌週も2万円を40万円になり、毎月30~50万円程を出金できるほどに。

現在は驚異の勝率85%を叩き出し、1日で100万円から500万円を達成。

 

確定申告しないとどうなるのか

まず確定申告しないとどうなるかというと、最悪「脱税」となり罪に問われてしまう可能性があります。

ただいきなり脱税で捕まることはほぼなく、利益が大きくなければ、期日を過ぎた後でも税務署に行けば確定申告を受け付けてもらえます。

ですが期日を過ぎて申告すると無申告課税や延滞税を請求され、無駄な税金を支払うことになってしまうので、期日までに済ますようにしましょう。

 

ここからは確定申告について、プロトレーダーの石岡さんにお話を伺っていきます。

トレーダーの意見は

ユウヤ

会社員の方など、副業でバイナリーをやられていて、確定申告のやり方などがわからず不安という方も多いと思うのですが、

稼げるようになった時に、確定申告で何か注意するべきことなどありますでしょうか?

石岡さん

いえ、特にありません。

税務署のホームページなどをよく調べてやり方を知り、確定申告をすれば大丈夫です。

ユウヤ

確定申告と聞くと、「税金対策とかってどうしたら良いの?」といった悩みを抱える人も多いですが、

その辺りはどうでしょうか?

石岡さん

多く稼いだら税金を支払うというのは国の決まりごとなので、しっかり納税できるように日頃から資金管理を心がけることが大切ですね。

税金対策となると色々ありますが、将来的に海外に会社を作るのは一つの手段だと思います。

ユウヤ

なるほど、ありがとうございます!

とにもかくにも、まずは勝てるようになって、資金管理を徹底したいですね。

 

トレーダーが考える税金対策

✔勝てるようになったら確定申告に備え、日頃から資金管理を心がける

✔海外に会社を作るのは一つの手段

 

損失でも確定申告するべき?

借金してはいけない

バイナリーオプションを始めたばかりで、損失しかない場合は申告をする必要はありません

ただ損失がある場合、日本の証券会社を使う場合は「3年分の損益の繰り越し制度」があり、その制度を活用するようにすることをおすすめします。

 

3年分の損益の繰越とは

例えば初年度のバイナリーオプションの損益がマイナス50万円、2年目がマイナス30万円だったとします。

そして3年目に200万円の利益が出た場合、

200万円 – 50万円 – 30万円 = 120万円

となり、120万円のみに税金が課されるという制度です。

 

海外業者でバイナリーオプションを行う場合は3年分の損益の繰越はなく、前年までに損失がいくらあったとしても、上の例で言うと200万円をそのまま利益として申告する必要があります。

 

いくらから確定申告が必要か

税金

確定申告はいくらからする必要が出てくるのか。

1月~12月の1年間の間に、以下のような利益が出た場合にする必要があります。

確定申告が必要になるケース

・会社員の場合は20万円以上の利益

・専業トレーダー、専業主婦、学生などの場合は38万円以上の利益

 

あなたがもし会社員の場合は、1年間の利益が20万円を下回っていれば確定申告をしなくても大丈夫、ということですね。

なので常に利益は計算しておいて、年末に20万円を超えそうならいったん取引をやめて、年が明けてから取引を再開することで確定申告を1年遅らせることができます。

ただ少額の方が申告も楽なので、利益が少ないうちに一度経験しておく、ということも今後のためには良いかもしれません。

 

確定申告の方法

tax

ここからは具体的な確定申告の方法についてご紹介していきます。

1月から12月の利益が、会社員の方は20万円、専業主婦や専業トレーダー、学生で家族の扶養に入っている方は38万円を超えた場合に確定申告を行います。

確定申告の期日は2月15日~3月15日となっているので、その間に申告を済ませるようにしましょう。

それを越えてしまうと、延滞税などが取られるので注意が必要です。

 

確定申告に必要なもの

確定申告に必要な書類は以下の通りです。

・確定申告書 A様式orB様式(第一表、第二表)

・源泉徴収票(給与所得者の場合)

・年間取引の損益換算書

・所得控除、税額控除など各種控除を受けるために必要な証明書

・経費の証明、計算に必要なもの(レシート、領収書等)

・印鑑

確定申告書

国税庁のホームページで入手することが可能です。

・確定申告書A
申告する所得が給与所得や公的年金等・その他の雑所得、配当所得、一時所得のみで、予定納税額のない方が使用できます。
※前年分から繰り越された損失額を本年分から差し引く場合は、申告書Bを使用します。

・確定申告書B
所得の種類にかかわらず、どなたも使用できます。※ 前年分から繰り越された損失額を本年分から差し引く方や変動所得や臨時所得について平均課税を選択する方は申告書Bを使用します。

国税庁HP【確定申告期に多いお問合わせ事項Q&A 申告書用紙】

わかりやすく噛み砕いて説明すると、A様式は海外の取引所を使っている会社員の方B様式はそれ以外の方、が使うという感じですね。

源泉徴収票

給与所得がある方は会社から送られてくると思いますが、もし届いていない場合は会社に問い合わせれば送ってくれるはずですので、確定申告の前に入手するようにしましょう。

年間取引の損益換算書

証券会社で発行してもらえる書類で、どれくらい取引をして、どのくらい利益が出ているかを確認するために必要になってきます。

国内業者、海外業者共にそれぞれの証券会社のホームページからダウンロードすることが可能です。

所得控除、税額控除など各種控除を受けるために必要な証明書

証明書として使えるのは以下のようなものです。

・小規模企業共済等掛金控除(支払額の証明となるもの)

・社会保険料控除

・地震保険料控除(保険会社が控除証明書を発行しています)

・生命保険料控除(保険会社が控除証明書を発行しています)

・寡婦(寡夫)控除

・勤労学生控除

・配偶者控除

・扶養控除

・基礎控除

 

それらがあると税金が控除されて納税額も少なくなるので、事前に用意しておくようにしましょう。

あなたが会社員の場合は、会社の方で源泉徴収と年末調整の際に控除の計算もしてもらえるので、特別書類などを用意する必要はありません。

経費の証明、計算に必要なもの

バイナリーオプションに関する経費を申告することで節税になるので、レシートや領収書などは随時保管するようにしておきましょう。

経費の一例

✔通信費:
電話代、電気代、プロバイダー料金などのうち、バイナリーオプションに使われた一部

✔新聞・図書:
バイナリーオプション取引に関係する書籍や雑誌、専門誌などへの費用

✔機材、事務用品購入費:
PCや携帯にかかった費用や、筆記用具などのうち、バイナリーオプション取引に使用した部分

✔セミナー受講料金:
バイナリーオプション取引に係るセミナー等への参加費や往復の交通費など

✔各種手数料:
バイナリーオプション取引に係る振込手数料など

確定申告のやり方

確定申告をするには、税務署のホームページにて確定申告書をダウンロードして印刷し、情報を記入してあなたが住む地域を管轄する税務署に出向いて書類を提出します。

「書き方がよくわからない」という場合は、必要な書類を用意して税務署に行けばどのように書けば良いか指導してもらえるので、職員の人に教えてもらいながら書く、ということでも大丈夫です。

受付に確定申告書を提出し、当日か後日に納税をすれば確定申告は完了です。

インターネットでも確定申告できる

今は手書きでなく国税庁のホームページで数字を記入し、そのままWEB上で書類を提出したり(e-tax)、印刷して郵送することも可能です。

それではWEB上での書類の書き方を見ていきましょう。

 

1)国税庁の『確定申告書作成コーナー』にアクセス

 

2)赤枠で囲まれた『申告書 決算書 収支内訳書等 作成開始』をクリック

 

3)提出方法を選択します。今回のケースでは印刷して郵送する『書面提出』で進めていきます。

 

4)事前準備に関するページが出てくるので、PC環境や利用規約のチェック。

 

5)赤枠で囲んである『所得税コーナー』をクリック

 

6)中央赤枠で囲まれてた、『左記以外の所得のある方』の作成開始をクリック

 

7)『確定申告書等を印刷して税務署に提出する』を選択し、生年月日を入力。

 

8)赤枠で囲まれた『雑所得 その他』の『入力する』をクリック

 

9)次の雑所得(その他)の入力のページになったら、下の上記以外(報酬等)の『入力する』をクリック

 

10)種目の所に『海外BO』と入力、名称の欄に使っている証券会社の名前を入力してください。場所と源泉徴収税額の欄は未記入でも大丈夫です。年間の損益をそれぞれの証券会社で確認し入力。

必要経費の欄は、この記事の《経費の証明、計算に必要な物》でご説明したものの合計金額を入力します。FXをやっている方は下の画像を参考にして入力してください。

 

11)収入金額・所得金額の入力をします。先ほど入力したバイナリーオプションの利益とFXの利益から必要経費が引かれた額が自動で計算され表示されます。海外バイナリーやFX以外にも収入がある方はこちらで入力してください。

 

12)次のページでは所得控除や税額控除がある方はそれぞれ入力してください。

 

13)ここまで来たらあとは自動で納税額を計算して出してくれるので、住所を入力し、納税方法を選択、マイナンバーを入力すれば完了です。

 

出来上がった書類を印刷し、郵送で税務署に送ることで確定申告は完了です。

e-taxでWEB上で提出したい場合は、マイナンバーカード、マイナンバーカードを読み取れるスマホ or ICカードリーダライタが必要になります。

 

バイナリーオプションの確定申告のやり方まとめ

まとめ

✔まずは損失をなくし、利益を出すことが最優先

✔節税などは稼いだ後で考えよう

 

ユウヤ

石岡さん、今回もありがとうございました!

バイナリーオプションで利益を出せるようになると確定申告をする必要がありますが、とにもかくにも「勝ち続ける」ということがまず第一ですね!

石岡さん

そうですね!

稼いだ後のことの心配は、実際に利益が出てからすればいいので、まず勝ち続けることにフォーカスをした方が良いです。

確定申告は慣れればそこまで難しいことではないので、勝つためのスキルを頑張って磨いていっていただきたいです。

 

記事は以上となります。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

この記事を書いた人

ユウヤ

投資のみで生活することに憧れ、一時期は毎日14時間以上チャートに張り付きながらトレードをする、バイナリーオプションの『専業トレーダー』として生計を立てていましたが、

精神的に疲弊しながら稼ぐ日々に疑問を感じ、やり方を変更。

現在は会社経営をメインに行っています。

ユウヤの詳しいプロフィールはこちら

 


LINE@のご登録はこちら

お問い合わせはこちら