バイナリーオプションとFXの違いを比較したらどっちが始めやすいのか

fx

 

今回のテーマは「FXとバイナリーオプションの違い」について。

よくFXの方が複雑でバイナリーオプションの方がシンプルで初心者向き、ということが言われますが、実際のところはどっちが良いのか。

勝率85%を安定的に叩き出す、プロトレーダーの石岡さんにインタビューしてきました。

インタビューを読むことでFXとバイナリーオプションの違いを知ることができ、どっちが自分に合っているかわかるはずですので、ぜひ読み進めてみてください。

 

【平均勝率85%超えプロトレーダー】

石岡

石岡 弘充(いしおか ひろみつ)

現在37歳。大学卒業後、運送会社に8年間勤務。

給料の安さから副業を探しインターネットビジネスを知る。

転売を始め毎月10万円ほどの利益は出ていたが、アカウント停止でショート。

転売は時間や労力がかかる割には手元にお金が残らないことから、投資に興味を持つ。

Youtubeを見よう見まねでバイナリーオプションを開始したが、最初は資金管理が出来ずギャンブルトレードを繰り返し、一瞬ですべての資金を溶かす。

しっかりバイナリーオプションを学んで結果を出したいと思い、チャート分析に時間をかける。

負けトレードを検証し無駄な取引を減らし、勝てるポイントのみで取引を徹底。

検証と実践を積み重ねた結果、1週間で資金1万円を65万円に。

その後も淡々と取引をして、翌週も2万円を40万円になり、毎月30~50万円程を出金できるほどに。

現在は驚異の勝率85%を叩き出し、1日で100万円から500万円を達成。

 

バイナリーオプションとFXの違いは

fx

プロトレーダーのバイナリーオプションに対する考え

 

ユウヤ

石岡さんはバイナリーオプションをメインでやれていると思うんですが、FXもやられたことはありますか?

 

石岡さん

はい、ありますね。

 

ユウヤ

どっちもやってみて、2つの違いの比較や感想などがあればぜひお聞きしてみたいです!

 

石岡さん

わかりました。まずバイナリーオプションですが、バイナリーオプションの方が少額から資金を増やすのにかなり向いていると思いますね。

 

ユウヤ

1000円くらいからエントリーできて、ペイアウト率も2倍近かったりしますもんね。

 

石岡さん

そうなんです。資金が1万円もあれば十分始めることができて5万円から2000万円に増やしたというトレーダーさんも実際にいるので、そこが大きな魅力ですね。

 

ユウヤ

5万円から2000万円は相当にすごいですね。

バイナリー以外だとなかなか考えられないと思います。

 

石岡さん

ただバイナリーオプションは稼ぎすぎてしまうとアカウントを凍結されてしまうことがあるので、年に億単位で稼ぐとなると稼ぎ続けるのは難しいかもしれません。

 

ユウヤ

よく「月に1000万円稼いだら凍結された!」といった話を聞きますが、あれってやっぱり実際にあるんですね(汗

僕はそのレベルまでは稼いだことがないので、イメージが湧かないです笑。

ただ少額からでも資金を増やせるというのは、大きな魅力ですよね!

 

プロトレーダーの意見

✔バイナリーオプションは少額から資金を増やすことに向いている

✔稼ぎ過ぎるとアカウント凍結されてしまうリスクがある

 

プロトレーダーのFXに対する考え

 

ユウヤ

FXについても、バイナリーと比較した上でのお考えなどお聞きしてみたいです!

 

石岡さん

FXは資金がある方におすすめです。

バイナリーと比較してレバレッジが効くので、資金が増えるスピードがかなり早まりますからね。

 

ユウヤ

なるほど、ならどっちかというと最初はバイナリーオプションで資金調達をして、

それからFXにも取り組んでいくのがベター、という感じでしょうか?

 

石岡さん

バイナリーオプションに取り組んでいれば、FXにもそのトレード手法などを生かすことができますからね。

目安としては、1000万円の軍資金が貯まったらFXにもチャレンジされることをおすすめします。

その流れが資金を増やしていきやすいですし、運用も安定するかなと思います。

 

ユウヤ

ありがとうございます!

 

プロトレーダーの意見

✔バイナリーと比較するとFXはレバレッジがあるため、まとまった資金があると増えるスピードも早い

✔1000万円貯まったらFXにも取り組むのがおすすめ

 

取引面が違う

バイナリーオプションとFXでは取引方法が違うので、その比較をここからはご紹介していきます。

バイナリーオプション

バイナリーオプションの大きな特徴は、購入した価格から相場がどちらに動くかを予想して当たったら勝ち、と取引ルールが非常にシンプルなことです。

ただ国内業者を使うか海外業者を使うかでだいぶ取引方法が変わってくるので、その違いについてわかりやすく表にまとめて比較してみました。

 

国内バイナリーオプション業者 海外バイナリーオプション業者
取引手法 ラダー取引、レンジ取引、タッチ取引等  ハイロー取引(HighLow)、ターボ取引(Turbo)等
取引時間 購入可能時間〜判定時間までの期間は2時間ごと。1日12回の判定が行われる。 1分、5分、15分、1時間…ectという感じで、購入可能時間〜判定時間までの期間が短い
ペイアウト率 1.0〜20倍が一般的 1.6〜2倍が一般的
取引可能通貨ベアの数 10通貨以下 数十通貨以上が一般的
最大購入可能金額 20万円が一般的 20万円(最大取引額は500万円)が一般的
最低購入可能金額 数十円〜 1000円〜

 

バイナリーオプションは、一度エントリーした場合判定時刻になると勝手に決済されるので、判定時刻時点の相場がどのようになっているかを予想するだけで良い、というのが大きな特徴です。

 

FXとは違いレバレッジも無いので、エントリーした金額以上にお金を失うことがありません。

よく「バイナリーオプションは危ない」といったことが言われますが、資金管理をしっかりできれば資金がなくなることはそうそうありません。

どっちかというとFXの方が借金などをするリスクは高いです。

 

また実は、国内業者に関しては「取引所よりもトレーダーの方が儲かっている時がある」というデータもあります。

下のページで取引所ごとの「顧客損益」というものが見れますが、100%を上回っている月も見受けられます。

それはつまり、取引所の方が損をしている、ということなんですね。

低い月でも90%を下回ることはなく、国内業者に関しては利益をトレーダーに多く還元しているということがデータで見ることができます。

個人向け店頭バイナリーオプション取引月次速報

 

バイナリーはエントリー方法がシンプルで、資金も溶けづらいということから、投資初心者にもおすすめしやすい投資と言えます。

ただ上述の表を見るとわかる通り、国内業者を使う場合はいわゆる二者択一の取引をすることができません。

安全面で言えば国内取引所がおすすめできますが、バイナリーオプションの大きなメリットである「1分、5分などの短期取引」をすることができないため、シンプルな取引がしたい方は海外業者を使われることをおすすめします。

 

ココに注目

✔国内取引所は安心感があるが、短期取引ができず、取引回数の制限もある

✔海外取引所は短期取引ができ、取引回数に制限もない

 

FX

これから相場がどのように動くかを予測し、価格差で利益を得るのがFXの取引です。

FXも国内業者と海外業者を使う場合で違いがあるので、表にまとめてみました。

 

国内FX業者 海外FX業者
注文方式 DD(OTC)方式※ (NDD方式の取引所も存在) NDD方式※
レバレッジ 最大25倍 最大1000倍
追証の有無 あり なし
スプレッド(手数料) 狭い 広い
約定力 低い 高い

※DD方式=投資家の注文をそのままインターバンク市場に流さずFX業者内のディーラーが処理をする。

※NDD方式=投資家の注文をそのままインターバンク市場に流す。

 

どっちが良いか悪いかということはなく、人それぞれ国内がやりやすい、海外がやりやすいと感じる方もいると思います。

最初に始めるのなら、国内FXの方が安心感はあると思いますね。

大きく稼ぎたい場合は、1000倍までレバレッジがかけられる海外業者を使うのが良いです。

 

ただFXで大きく損をしてしまう人のほとんどは、いきなりハイレバレッジをかけてしまい負ける、というパターンが多いです。

なので最初は国内業者で低いレバレッジで資金を増やしつつ、トレードの実力がついて勝率が安定してきたら海外業者も使ってみる、ということが良いと思います。

石岡さんのお話でも出ましたが、FXをやる場合は1000万くらいの資金をまずは貯めてから始めることをおすすめします。

 

ココに注目

✔FXをやるにはまず資金力が必要

✔いきなりレバレッジをかけず、小さな額でエントリーするのが大事

 

税金面が違う

バイナリーオプションとFXでは、税金面も大きな違いがあります。

稼げるようになった時に困らないように、税金面についてもここからご紹介していきます。

バイナリーオプション

税金についても国内業者、外国業者で違いがあるので、表で比較してみました。

国内バイナリーオプション業者 海外バイナリーオプション業者
課税方法 申告分離課税 総合課税(雑所得扱い)
税率 一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%) 0〜55%(所得税(累進課税)+復興特別所得税(所得税×2.1%)+住民税約10%)
損失繰越・損益通算 3年間可能  不可

 

「国内取引所なら一律20.315%だし、お得そう!」

と思われるかもしれませんが、利益が少ないうちは海外取引所の方が税金が安くなる可能性があります。

ただ利益が多くなってくると、海外業者の方が税金は高くなってきます。

前述したように取引方法が異なるので、どっちが良いか悪いかは取引の仕方によっても違ってきますね。

 

FX

FXについても、国内業者、海外業者の違いを表で比較してみました。

国内FX業者 海外FX業者
課税方法 申告分離課税 総合課税(雑所得扱い)
税率 一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%) 0〜55%(所得税(累進課税)+復興特別所得税(所得税×2.1%)+住民税約10%)
損失繰越・損益通算 3年間可能  不可

 

FXもバイナリーオプションと同じで、国内業者だと一律20.315%が税金になり、海外業者は利益に従って税金額が増えていく、という感じですね。

 

ココに注目

✔バイナリー、FX共に税金は国内業者は一律、海外業者は累進課税(雑所得扱い)

✔利益が大きくなってきた場合は国内業者の方が安く済む

 

どっちが始めやすいのか?

比較

 

ユウヤ

今回の話をまとめさせていただきたいんですが、

投資初心者が投資を始めるなら、バイナリーかFXどっちが始めやすいと言えるのでしょうか?

 

石岡さん

初心者が始めやすいのは「バイナリーオプション」です。

少額から始められるので、損失を出さずに実践していくことができますからね。

 

ユウヤ

投資を100万円以上用意していきなり始める人もいますけど、少額から始めた方が失う金額も少なくリスクがないので、

資金がない方がむしろ有利なんじゃないかなって僕は感じてます。

僕は最初少額から始めたので、そこがかなり良かったと思ってますね。

 

石岡さん

資金が少ないと必然的に慎重にトレードするようになりますからね。

そして徐々にスキルも身についていき、利益が1000万円を超えたらFXに移行する、という流れが安全です。

 

ユウヤ

資金が少ないと、一回一回のエントリーを魂を込めて打ち込めるんですよね笑

なるほど、ありがとうございます!

まずはとにかくトレードに慣れて、投資資金を増やすためにバイナリーオプションを頑張る、ということを目指すのが良さそうですね!

 

プロトレーダーの意見

✔投資初心者が始めるなら、FXより「バイナリーオプション」がおすすめ

 

バイナリーオプションとFXの違いに関するまとめ

まとめ

✔バイナリーオプションは資金を作るのには向くが、億以上を稼ぐのには不向き

✔バイナリーオプションで資金を1000万円作った後でFXに移行するのが安全

✔国内業者と海外業者で取引方法が違うので、そこをまずは覚えよう

 

ユウヤ

石岡さん、今回もインタビューありがとうございました!

資金がないうちは、まずバイナリーオプションでしっかりと資金を増やしていきたいですね。

 

石岡さん

少額からでも資金を増やしていくことは十分可能なので、ぜひ手法をまずは一つに絞り、資金管理やメンタル管理も意識してトレードをしていっていただきたいです。

そうすれば自然と利益が増え、FXでも勝てるようになれます。

 

ユウヤ

一気にお金を増やそうとすると本当に危ないですよね。

少額からコツコツと、が大事ですね。

 

記事は以上となります。

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

 

この記事を書いた人

ユウヤ

投資のみで生活することに憧れ、一時期は毎日14時間以上チャートに張り付きながらトレードをする、バイナリーオプションの『専業トレーダー』として生計を立てていましたが、

精神的に疲弊しながら稼ぐ日々に疑問を感じ、やり方を変更。

現在は会社経営をメインに行っています。

ユウヤの詳しいプロフィールはこちら

 


LINE@のご登録はこちら

お問い合わせはこちら