バイナリーオプションとFXはどっちが儲かるか?違いを徹底比較

為替の取引を始めようと思った時に、バイナリーオプションを始めるか、FXを始めるかで悩む方が多いと思います。

どちらにもメリット・デメリットがあって、結論から言えばどちもご自身で取引してみて、自分がやりやすい方を選んで頂ければ良いと思いますが、それでも勝っているトレーダーがどちらをメインに取引を行なっているか気になるかと思います。

 

今回はそんな方の為に、バイナリーオプションとFXはどっちが長期的にみて儲かっているのかを、様々な角度から徹底比較していこうと思います。

 

バイナリーオプションとFXの違いはどんなところか?

まずはバイナリーオプションとFXの違いを取引面と税金面に分けながらそれぞれを比較していきます。

ただ、問題はバイナリーオプションとFXは国内業者を使うか海外業者を使うかで違いが大きく分かれてきますのでそこも含めて比較していこうと思います。

 

取引面での違い

 

バイナリーオプション

 

簡単に言えば購入した価格からレートがどっちに行くかを予想するだけの取引です。

国内バイナリーオプション業者を使うか海外バイナリーオプション業者を使うかで取引手法が大きく異なるので、以下に国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者の比較表を載せておきます。

国内バイナリーオプション業者 海外バイナリーオプション業者
取引手法 ラダー取引、レンジ取引、タッチ取引等  ハイロー取引(HighLow)、ターボ取引(Turbo)等
取引時間 購入可能時間〜判定時間までの期間は2時間ごと。1日12回の判定が行われる。 1分、5分、15分、1時間…ectという感じで、購入可能時間〜判定時間までの期間が短い
ペイアウト率 1.0〜20倍が一般的 1.6〜2倍が一般的
取引可能通貨ベアの数 10通貨以下 数十通貨以上が一般的
最大購入可能金額 20万円が一般的 20万円(最大取引額は500万円)が一般的
最低購入可能金額 数十円〜 1000円〜

※用語の意味が分からない場合はこちらをご覧下さい。

最低限これだけは覚えておきたいバイナリーオプション専門用語集

 

バイナリーオプションは超短期取引なのが特徴で、FXと違い購入後は勝手に決済されるので決済レートまでを考える必要はありません。

加えて購入した金額以上に損をする事はありませんので、資金管理がしやすいのが特徴です。

掛け金も一定金額に決めて淡々と取引することも可能なので相当資金管理が雑にならない限りは、元本を全て吹き飛ばすリスクは限定出来ます。

 

ただ、バイナリーオプションはレバレッジがかかってないので短期的に資金を大きく増やすのは難しいですが、FXと違って利益確定や損切りを行う必要もなく、どこでエントリーするかだけを考えれば良いので比較的難易度は低く初心者にとってはやり易いです。

 

また、これは日本の法律により日本のバイナリーオプション業者のみ公開しているデータになりますが、投資家にペイアウトする金額が投資家の取引額を上回る現象が起きています。

つまり日本のバイナリーオプション業者は業者が損をしていて投資家の方が儲かっている時があるという事です。

個人向け店頭バイナリーオプション取引月次速報

 

上記のページの「顧客損益」を開き「総取引金額に対する、総支払金額の割合」という部分を見て頂きたいのですが、これが100%を超えている時が投資家にペイアウトする金額が投資家の取引額を上回っている時です。

月によっては国内バイナリーオプション業者が損失を出しているという事です。

 

これを見る限りだと投資家にも勝てるチャンスがあるという事が良くお分り頂けると思います。

 

残念ながら海外バイナリーオプション業者の月次取引実績は公開されていませんので海外バイナリーオプション業者で投資家が勝っているかを判断するのは難しいですが、国内バイナリーオプション業者であれば勝っているトレーダーがいることは確かでしょう。

ただ問題は例え勝っているトレーダーが一定数いたとしても、国内バイナリーオプション業者では国内のバイナリーオプション規制によって何かと取引回数や取引額が制限され大きく稼ぎにくいので、特に理由が無い限りは海外バイナリーオプション業者を利用される事をオススメします。

 

FX

 

レートがどっちに行くか予想し、購入した価格からのレート差で利益・損益の大きさが決まる取引です。

FXも国内FX業者を使うか海外FX業者を使うかで取引手法が大きく異なるので、以下に国内FX業者と海外FX業者の比較表を載せておきます。

国内FX業者 海外FX業者
注文方式 DD(OTC)方式※ NDD方式※
レバレッジ 最大25倍 最大1000倍
追証の有無 あり なし
スプレッド(手数料) 狭い 広い
約定力 低い 高い

※DD方式=投資家の注文をそのままインターバンク市場に流さずFX業者内のディーラーが処理をする。

※NDD方式=投資家の注文をそのままインターバンク市場に流す。

 

この比較を見た限り国内FX業者の条件は厳しくあまりオススメ出来ません。

注文方式がDD方式なので全ての証券会社がそうという訳では無いですが儲けが大きくなればなるほど約定がされづらかったりストップ狩りにあったりします。

 

またレバレッジ規制によりレバレッジ25倍までなので資金が少ない方にとっては大きく儲けることが出来ません。

加えて追証によるリスク等も含めて総合的に考えると国内FX業者は魅力的とは言えません。

 

そして海外FX業者の場合は証券会社にもよりますがレバレッジが最大1000倍までかけられます。

その為、例えば10万円の元手だったとしても1日で100万円、1000万円と増やせる可能性を秘めています。

 

ただ、勘違いしてほしくないのはそのくらい短期間でプラスに出来るいうことは逆にそれと同じくらい短期間でマイナスを背負うリスクを負っているという事です。

コツコツ増やした利益を1日で全て溶かしてしまったなんてことはざらにあります。

 

自分は資金管理は完璧だから大丈夫!と思われている方もいるかもしれませんが、実際に取引してみれば分かりますが、利益や損益がリアルタイムで上下し、その中で利益確定や損切りまでを考えて取引しないといけないので考える事が非常に多く難易度は高いです。

頭では分かっているが実際にその通りに出来ない状況に陥ってしまうのがFXです。

 

海外FX業者を使ったFXは一瞬の判断のミスで証拠金を全て飛ばしてしまうなんてこともありますので、短期で大きな金額を稼いで稼ぎ逃げするのであれば賢いかもしれませんが、長期的に勝っていくとなると本当に狭き門です。

 

取引面での違いまとめ

 

国内バイナリーオプション業者も国内FX業者も日本で定められた法律内で運営されていますので取引の制限が厳しいですし、今回の記事の「どっちが儲けられるか?」というテーマで言ったら、海外業者を使った方が圧倒的に儲ける事が出来ます。

「海外業者は危なくて国内業者は安全性」と言われる事が結構あるのでそれが理由で国内証券を使う方は多いかもしれませんが、現在は海外証券でも安全な証券会社はあります。

 

それに一つ注意しておきたい前提として海外FX業者以外の国内バイナリーオプション業者、海外バイナリーオプション業者、国内FX業者は投資家が負けてくれる金額が業者の利益になっていますので、少なからず投資家に負けて欲しいと思いる運営していますその為、どれも勝ちすぎるとアカウントが凍結したなんてお話をよく聞きます。

 

そこを考慮すると、国内が安全という神話は既に崩壊していますし、いくら稼いでも大丈夫なのは海外FX業者しかありません。

 

アカウントが凍結しても複数アカウントを作る事が出来るのであれば別ですが、それが厳しい場合は海外FX業者以外は儲ける金額に限界があります。

上記の稼ぎの限界を考えるとたくさん儲けたいと思っている方のほとんどの方が海外FX業者を利用されると思います。

 

ただ、取引の難易度的にバイナリーオプションとFXを比べると圧倒的にFXの方が難しいので初心者の方は海外バイナリーオプション業者でバイナリーオプションをやってある程度の元手を作ったり投資のスキルを付けて、上級者になったら海外FX業者でFXをやるのが一番効率的と言えるでしょう。

 

税金面での違い

 

バイナリーオプション

 

税金面も国内バイナリーオプション業者と海外バイナリーオプション業者で異なってくるので比較表を載せておきます。

国内バイナリーオプション業者 海外バイナリーオプション業者
課税方法 申告分離課税 総合課税(雑所得扱い)
税率 一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%) 0〜55%(所得税(累進課税)+復興特別所得税(所得税×2.1%)+住民税約10%)
損失繰越・損益通算 3年間可能  不可

 

パッと見た感じだと国内バイナリーオプション業者を使った方が税金的には有利に見えますが、所得が少ない人にとっては海外バイナリーオプション業者の方が税金が安くなる場合があります。

また、どのくらい経費をかけて課税所得を下げたかにもよりますのでどちらが良いというのは一概に言えない部分があります。ご自身の状況によって使い分けをするのが最も最善の方法となるでしょう。

 

FX

 

同様に税金面も国内FX業者と海外FX業者で異なってくるので比較表を載せておきます。

国内FX業者 海外FX業者
課税方法 申告分離課税 総合課税(雑所得扱い)
税率 一律20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%) 0〜55%(所得税(累進課税)+復興特別所得税(所得税×2.1%)+住民税約10%)
損失繰越・損益通算 3年間可能  不可

 

このように比較するとバイナリーオプションとFXは国内業者、海外業者共に全く同じになります。

FXもバイナリーオプションと同様で国内バイナリーオプション業者を使った方が税金的には有利に見えますが、所得が少ない人にとっては海外FX業者の方が税金が安くなる場合があります。

同様にどのくらい経費をかけて課税所得を下げたかにもよりますので、ご自身の状況によって使い分けをするのが最も税金を安くする最善の方法となるでしょう。

 

税金面での違いまとめ

 

バイナリーオプションもFXも税金面は全く同じになりますので、どちらが良いというのは一概に言えない部分があります。

ただ、大きく儲けている人からすれば国内業者の方が税率が低いので税金面だけをみれば国内業者の方が有利です。

 

国内バイナリーオプション業者と国内FX業者を比べても条件が同じですので、税金面だけでみるとどちらが良いかという判断は出来かねます。

 

初心者はまず最初にどちらを始めるべきか?

バイナリーオプションやFXを今までに一度もやった事がなくてこれからどちらかを始めようと思っている方はどちらからやれば良いでしょうか?

 

まず国内業者場合、バイナリーオプションもFXも取引に制限があり、それが原因で取引の難易度を上げてしまっています。

加えて税金面でみても資金がまだ少ない初心者にとっては税金はさほど気になりませんので(海外業者は総合課税なのでトレードの他に収入がある場合は注意)、バイナリーオプションもFXも海外業者を利用するのが最も初心者にとってオススメです。

 

では、初心者は海外バイナリーオプション業者でバイナリーオプションをするのか、海外FX業者でFXをするのかどちらが良いかと言われれば、FXはレバレッジがかかっていたりエントリーの他に利益確定や損切りなど、やる事が多いところから非常に難易度が上がります。

これからバイナリーオプションを始めるかFXを始めるか悩んでいる初心者にとっては、まず最初は海外バイナリーオプション業者でバイナリーオプションを行い、為替取引に慣れていくのが最もオススメです。

 

バイナリーオプションもFXも見るチャートは一緒なのでバイナリーオプションをやっている時もFXを意識すると更に勝ちやすくなります。

 

儲かるのは結局どっちが?

どっちが良いかという結論は、ご自身の状況にもよって変化するので一概には言えませんがまとめるとこのようになります。

元手がまだ小さいトレード初心者の方であれば先ずは海外バイナリーオプション業者でバイナリーオプションをやる

海外バイナリーオプション業者は稼ぎすぎるとアカウントが止まるので、そのようなレベルに到達した方やトレード上級者であれば海外FX業者でFXをやる

このような結論になります。

 

つまり、トレードの難易度的には海外バイナリーオプション業者を使ってバイナリーオプションをやる方が難易度的には低いので、そこでトレードスキルを磨き、稼げる金額に限界が来たら海外FX業者を使ってFXをやっていくという流れです。

海外業者は税金が高いから使いたくないという方もいるかもしれませんが、トレードの収益がまだ少ないうちは国内業者を使うより税金が安くなる場合もあります。

それに税金が気になる程の稼ぎがトレードで出ているのであれば、先ほどお話しした「国内業者は投資家の負けが業者の利益になっている」という部分から、その方は業者の制限等(アカウントが停止したり約定がされづらかったり)でやりづらくなる事が予想されます。

 

一番理想はトレードで稼いだ利益に課税がされない国に移住して上記のステップをやるのが一番儲かります。

 

ただ、これは全ての人が実現出来る訳ではありませんので、日本にいる方もうまく節税をしながら上記のステップをやっていくと一番儲かると言えるでしょう。

 

お問い合わせはこちら 

LINE@【ID:@xgx4750g】のご登録はこちら

LINE@画像 

裁量トレードを極めて一生もののスキルを得たい方へ(補助としてオリジナルサインツール+最先端インジケーターもあり)

トレーダーリュウとの出会い、そしてLast Binary(ラストバイナリー)始動!

 

AI(人工知能)搭載の最新配信システムで従うだけで稼ぎたい人へ

配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』

裁量トレード×LINE@配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』
 

自動売買で完全ほったらかしで稼ぎたい人へ

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」