禁断の手法!?バイナリーオプションで取り入れるマーチンはどうなの?

 

今回のテーマは「マーチン」について。

バイナリーオプションでマーチンを使って取引をしている方も多いかもしれませんが、利益を上げるために本当に有効なものなのか?

億トレーダーのリュウさんにお話をうかがってきました。

 

現在マーチンを使っている、もしくはこれから使ってみようかなと思っている方はぜひインタビューを聞いた上で、使うかどうかを判断してみてください。

 

【プロフィール】

トレーダー

トレーダーリュウ

1995年生まれ。父親がトレードをやっていた影響もあり、高校卒業と同時に本格的にトレードを開始。

19歳、バイナリーオプションでMAX36連勝するなど勝ち続け、トレードに集中するため大学を中退。

20歳、法人を設立しトレードチームを編成。1億2000万円を運用できるまでに成長するも、仲間に資金を持ち逃げされ1億円の借金を背負う。

22歳、バイナリーオプションの30秒取引で3000万円を調達し、事業とトレードの両立の末に1億円を完済。

23歳、オンラインサロン「Last Binary(ラストバイナリー)」を立ち上げ、多くの成功者を輩出。

現在は、1200名以上まで会員数が増え、自身と同じトレードスキルを得られる人を育てる為、日々活動中。

 

マーチンとは何なのか

見出し

そもそもマーチン(マーチンゲール法)とはどういうものかというと、簡単に言うと

これまでの負けを一気にチャラにするために倍掛けしていく方法

のことで、勝つまでひたすら賭け金を倍にしていきます。

 

倍掛けすることで前回の負け分を回収できるので、よく公営ギャンブルなどで使われている手法ですね。

 

バイナリーオプションの場合だとどのように使われるかというと、

例えばペイアウト率が1.85倍で、エントリー額を1000円から始めるとすると、1回目で負けた時に2倍の2000円でエントリーします。

1.85倍で2000円で勝つと「3700円」戻ってくるので、前回の負け分を取り戻すことができ、かつ700円分利益が出ているということになりますよね。

そのように、負けたらとにかく掛け金を倍にしてまたエントリーしていく、という感じなのでやり方はとてもシンプルです。

 

勝率何%以上でマーチン成立か

「それじゃあ、マーチンしていけば負けることってないんじゃないの?」

と思われるかもしれませんが、実際のところはまた事情が変わってくるんです。

 

下の表を見ていただくと非常にわかりやすいですが、

※1000円スタート、ペイアウト率1.85倍の場合

エントリー回数  エントリー額  ペイアウト額 ここまで賭けてきた総額  勝った場合の利益
初回 1000円 1850円 1000円 850円
マーチン1回目 2000円 3700円 3000円 700円
マーチン2回目 4000円 7400円 7000円 400円
マーチン3回目 8000円 14800円 15000円  -200円
マーチン4回目 16000円 29600円 31000円 – 1400円
マーチン5回目 32000円 59200円 63000円 – 3800円
マーチン6回目 64000円 118400円 127000円 – 8600円
マーチン7回目 128000円 236800円 255000円 – 18200円
マーチン8回目 256000円 473600円 511000円 – 37400円
マーチン9回目 512000円 947200円 1023000円 – 75800円
マーチン10回目 1024000円 1894400円 2047000円 – 152600円

 

10連敗したとすると1,024,000円ものエントリー額が必要になってくるのと、マーチン3回目以降は利益がマイナスになっているのがわかると思います。

 

最初1000円しか投資していなかったのが、投資額があっという間に100万円を超えることもあるわけで、想像以上にリスクがある行為ということがわかりますよね。

マーチンで利益を出せる損益分岐点を越えるには、3回に1回は勝つ、つまり「勝率33%」以上を確実にキープすることと、資金力も必要になってきます。

損益分岐点は?

マーチンで損益分岐点を越えようとする場合、上の表を見るとわかりますが、ペイアウト率1.85倍だと2連敗までに抑える必要があります。

3回に1回勝つ、つまり勝率「33%以上」が損益分岐点となります。

 

3連敗以上してしまうと掛け金も莫大になっていき、精神的に焦りが出る中で勝っていかなくてはいけません。

焦りが出ると、早く利益を出そうと勝てる根拠の薄いポイントでエントリーしてしまいがちです。

すると負けがどんどんかさんで損失が想定以上に膨れ上がり、さらに精神的に追い詰められる、という負のループに陥ってしまいます。

 

マーチンで利益を出すには、損益分岐点の数字以上に大変な面は大きいですね。

ココに注目

✔マーチンの損益分岐点は勝率33%以上

✔数字以上にメンタル面に負担がかかる

 

危険なマーチンの落とし穴

見出し

マーチンを使い、連敗せずコンスタントに勝ち続ければ利益を出していくことは可能です。

ですが実際のところ、そんな簡単に利益を出せるでしょうか?

マーチンは、負けを一気に取り戻してくれる反面、一歩間違えれば資金をどんどん減らす危険な手法でもあるんです。

では、バイナリーオプションの専業トレーダーはマーチンについてどのように考えているのか?

ここからはプロトレーダーのリュウさんが考えるマーチンの必要性についてお話をうかがっていきます。

 

プロトレーダーの意見は

ユウヤ

バイナリーオプションでマーチンを使っている人は多いと思うんですが、リュウさん的にはマーチンについてはどう考えていますか?

僕の意見としては、正直リスクしかないと思っているんですが。

リュウさん

ユウヤさんの意見同様、基本的には「リスクしかない」と考えています。

何かしらの根拠があってやるなら良いですが、推奨はできないですね。

ユウヤ

マーチンは連敗してる時のプレッシャーも凄まじいですからね(汗

僕はマーチンに挑戦した時があったんですけど、「精神的にもたない」と思ってすぐにやめました。

プロトレーダーの意見

✔バイナリーオプションにおいてマーチンはリスクしかない

 

ユウヤ

ちなみにリュウさんは、マーチンのどこを見てリスクだと考えていますか?

リュウさん

マーチンは確かに勝てばマイナスにはならないですが、逆に言うと「負けた時に資金が倍減ってしまう」というリスクがあります。

例えばハイローを使用する場合、ペイアウト率はおおよそ1.85倍なので、連敗すればするほどリスクの高い取引になりますからね。

ユウヤ

確かに僕が前にやってみた時、資金が減るスピードが想像以上に早くて「次絶対勝たないと!」みたいな焦りから判断力が欠如した記憶があります。

ただただ熱くなって負けてしまいました。

リュウさん

熱くなることでメンタルが正常でいられないのが、マーチンの落とし穴なんですよね。

しっかり資金管理をして、普通に単発でやる分には資金が減るスピードも一定なので、そちらの方がメンタルを保って根拠ある取引が続けられます。

ココに注目

✔マーチンは負けた時、資金が減るスピードも倍になるため資金力が必要不可欠

✔連敗している時の精神的なプレッシャーは計り知れない

 

マーチンは有りか無しか結論

YesuNo
ユウヤ

改めてお聞きしますが、マーチンはリュウさん的に「有りか無しか」で言うとどちらでしょうか?

リュウさん

「無し」ということになります。

そもそもの話で勝率を上げればマーチンをする必要はなくなるので、自分のエントリー手法の精度を上げて勝率を高める努力をするのが大事になってくると思います。

ユウヤ

確かに、マーチンって要は「勝率の低さを補うやり方」みたいな感じですもんね。

リュウさん

それとマーチンをやるよりかは、複利で資金を増やしていくというやり方の方が、リスクを少なく資金を増やしていくことができます。

 

複利とは

✔出金をせずに、口座資金の10%以内で運用し続ける

✔連勝中に勝った分の資金をそのまま投資し、決めた連勝数を達成したらまた最初のエントリー額に戻る

複利を使った取引方法にはこのようなやり方があります。

 

ユウヤ

僕も最近複利は意識するようにしているんですが、単発でエントリーするよりも資金はかなり増えやすいですよね!

損益分岐点を越えやすく、リスクも少ないので、やるなら複利の方が良いかなと僕も感じます。

 

プロトレーダーの結論「マーチンはおすすめできない」

プロトレーダーのリュウさんの意見としては、「失う資金も倍に増えるリスクがあるのでおすすめはできない」ということでした。

 

マーチンを勧める人たちは、「負け分をすぐ取り返せる」という部分をメリットとして強調しますが、同時に倍の資金を失くしてしまうリスクもあります。

資金が潤沢にあり、連敗中もメンタルを保てるのなら損益分岐点も安定的に越えられ、利益を出せるのかもしれません。

 

ただ多くの人は、倍々ゲームで負けられるほどの資金がなかったり、負けた時にメンタルがブレてしまう人がほとんどだと思います。

僕自身そうです。

 

リュウさんのお話からも出ましたが、マーチンをやるくらいなら、勝率を上げるための努力をしたり、複利を活用した方が結果的に得られる利益も多くなっていきます。

バイナリーオプションはちゃんと勉強をして実践を繰り返せば、誰でも損益分岐点を越え、稼げるようになっていけます。

危険なやり方をするのではなく、自分の実力を磨き、安全に利益を出せるようになることをおすすめします。

 

バイナリーオプションでマーチンは取り入れるべきかまとめ

まとめ

✔プロトレーダーの意見「マーチンはおすすめできない」

✔負け分を取り返せるが、倍の資金を失い続けるリスクもある

✔マーチンをやるなら、勝率を上げたり複利を活用した方が利益は増える

 

ユウヤ

リュウさん、今回もインタビューありがとうございました!

マーチンは危険な面がありおすすめはできない、ということですね。

リュウさん

資金を倍々ゲームで失ってしまうので、リスクは非常に高いです。

このようなリスクの高いやり方をせずとも、バイナリーオプションで利益を出すことは十分可能なので、ぜひ裁量を身につけたり複利を活用していただきたいです。

ユウヤ

勝率を上げられればそもそもマーチンをする必要はないわけですもんね。

危険な取引はせずに、安全にバイナリーオプションはしていきたいですね。

 

記事は以上となります。

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

 

この記事を書いた人

ユウヤ

投資のみで生活することに憧れ、一時期は毎日14時間以上チャートに張り付きながらトレードをする、バイナリーオプションの『専業トレーダー』として生計を立てていましたが、

精神的に疲弊しながら稼ぐ日々に疑問を感じ、やり方を変更。

現在は会社経営をメインに行っています。

ユウヤの詳しいプロフィールはこちら

 


LINE@のご登録はこちら

お問い合わせはこちら