1億オーバー発生中!バイナリーオプションの必勝法12選!

これからお話する事は、バイナリーオプションで月に1億円以上稼いだ億トレーダーから教わった手法を元に、バイナリーオプションで勝ち続けるための必勝法を12個お話していこうと思います。

 

バイナリーオプションと聞くと投機的なイメージがあったり、全く勝てない詐欺的な情報やシグナルツールが多く出回ってしまっていますので、あまり良くない印象をお持ちの方がたくさんいるかと思います。

しかし正しいやり方を行えば、億万長者にもなれる夢のある投資対象だという事がご理解頂けるかと思います。

1.両建てや目押しなどの裏技や、シグナルツール等のサインに頼らず「裁量トレード」に徹すること

バイナリーオプションで負けている人の第1共通点として、「両建て」や「目押し」などを使って必ず勝てるような裏技的な手法を模索してみたり、矢印を表示させてくれるようなシグナルツールだけの根拠を頼りにエントリーをし、全く裁量を加えないで取引しようとしている人が多く見られます。

 

まずバイナリーオプションの世界に裏技的な手法は存在しませんし、あったとしても直ぐに対策されます。

両建てや目押し等の手法を使って意図的に利益を出そうとしているのがバイナリーオプションの証券会社にバレたら、アカウントを凍結されるか利益を没収されてしまいます。

昔は裏技的な手法をやっても出金が出来たのですが、現在はやれたとしても報酬が没収され、永久凍結になるのがほとんどです。

 

これはバイナリーオプションの証券会社は国内、海外問わず、トレーダーの損がバイナリーオプション業者の儲けになっているので、トレーダーに裏技的な手法で荒稼ぎされては困る為、直ぐに対策されるようになっています。

なのでバイナリーオプションで稼ぎ続ける為にはしっかり裁量を加えて正当に戦っていかないと長期的に稼ぐことが出来ません。

正当にやってても、ある一定以上の利益を1つのバイナリーオプション証券口座で稼いでしまうとと、出金は出来るがアカウントが凍結されます。

 

また、シグナルツールに関してですが、どんなに優秀なツールでも相場によって勝ち辛い時もありますし、シグナルツールで示す事が出来る根拠には限界があります。

そして、負けた時にどうして負けたのか理由が分からず、改善や修正を自分で加えることも出来ない人が勝ち続けられるほど相場は甘くありません。

シグナルツールを使うにしても、あくまで裁量トレードの補助として利用し、裁量トレードのやり方は必ず自分で勉強する必要があります。

 

確かに本業の仕事が忙しい方や、裁量トレードを難しいと思っている方は、楽にトレードをしたいが為に、よくある謳い文句や甘い言葉に誘われて、裏技的な手法やシグナルツールだけて勝てると勘違いをしてしまう気持ちは分りますが、先ほども申し上げた通り、そんな簡単に勝てる程甘くはありません。

「勝ち続ける」という事を目標にするのであれば裏技的な手法やシグナルツールだけでは絶対に不可能です。

長い期間トータルで勝ち続けたいのであれば、先ずは裁量を勉強される事をオススメします。

 

2.テクニカル分析オンリーであること

相場の分析にはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析がありますが、テクニカル分析オンリーで問題ありません。

特にバイナリーオプションは非常に短期の取引になりますので、ファンダメンタルズ分析はほぼ必要としなく大丈夫です。

正しく、チャートを見る力(テクニカル分析)さえ付ければ勝ち続けられます。

 

FXでよく言われているダウ理論でも、「平均は全ての事象を織り込む」と言われているように、ありとあらゆるファンダメンタル要素は全てチャートに織り込まれてチャートを形成しているのでチャートだけを見ていれば良いという事です。

後ほど説明する、重要経済指標や大きな地震や災害、テロなどを把握して、突発的な相場の動きに対処するくらいの事が出来れば十分です。

 

3.テクニカル指標はシンプルあること

勝っているトレーダーは特別なテクニカル指標を使っていると思っている人もいるかもしれませんが、一般に多くの人が利用しているテクニカル指標しか使っていません。

 

例を挙げると、トレンド系指標であれば、移動平均線やボリンジャーバンド、オシレーター系指標であれば、RSIやストキャスティクス、などなど。

「多くのトレーダーが使っているテクニカル指標 = 信頼出来るテクニカル指標」という考えで良いです。

なので、聖杯探しに様々なテクニカル指標を試したり、根拠が増えれば増えるほど勝てると思っている人は間違いです。

テクニカル指標を増やしても、逆にエントリー時に混乱し勝率を下げるだけです。

 

また、ロウソク足を「平均足」にしてバイナリーオプションを行なっている方も多く見られますが、平均足は実際の始値・終値が分からなく、レジスタンスラインやサポートラインを引くなどの正しい分析が出来なくなってしまうので、使わない事をオススメします。

 

4.手法が逆張りであること

トレードは大きく分けて、順張り逆張りの2種類がありますが、手法は逆張りです。

 

バイナリーオプションは非常に短期の金融商品です。

数分の時間内でエントリーしたポイントから少しでも上下に相場が動いてくれないと勝ち判定になりません。

イメージとしては、買われすぎ、売られすぎの相場の天井や底からの反転をピンポイントで狙ってエントリーします。

そうすることで、相場の頭と尻尾を狙う事が出来るという事になります。

※ボジションを持っている途中で決済する「転売」は期待値が下がるのでほぼ行いません。ポジションを持っている時に、予期せぬ動き(要人発言やテロ・地震)があった場合のみ転売することもあります。

 

ただ注意して頂きたいのが、1分足、5分足では買われすぎ売られ過ぎの逆張り的なエントリーとなりますが、15分足以上ではエントリーする方向にトレンドが向いていたり、レンジになっている事が多いです。

必ずしもそうでないといけないわけではないですが、その方が勝ちやすいです。

つまり、1分、5分足から見たら逆張りですが、15分以上の時間足から見たら、順張りの押し目買い戻り売りをしているという事になります。

 

FXをやられている方であれば良く分かると思いますが、難易度的にFXは順張りの方が勝ちやすいです。

順張りをする時は押し目買い戻り売りを狙うかと思いますが、まさにその取引をうまくバイナリーオプションに当てはめたという感じです。

 

5.スマホで取引するのではなく、パソコンで取引すること

「スマホしか持ってないのですが、スマホのみでバイナリーオプションは出来ますか?」みたいな質問をされることがあるのですが、スマホのみであれば取引しない方が良いです。

バイナリーオプションは非常に短期の取引ですので、スマホでチャートを分析すると画面を切り替えたりするのに時間がかかりますし、パソコンと同じような表示には出来ませんので取引が不利になります。

出来ればパソコン1台とモニター1台以上があると、片方でバイナリーオプションの証券口座を開いて、もう片方でMT4(Meta Trader)を開いてチャート分析が出来ますので、有利な取引をする為にも余力があればそのようにする事をオススメします。

 

ちなみにチャート分析ツールは、MT4(Meta Trader)がオススメです。

MT4はこちらでインストール出来ます。

XMで口座開設&MT4(Meta Trader)をインストール

XMはFXの海外証券会社ですが、MT4(Meta Trader)をインストールしたり、FX取引を行う場合でもオススメの証券会社なので是非登録しておく事をオススメします。

 

6.GMOクリック証券等の国内業者ではなく、ハイローオーストラリア等の海外業者を利用する。

バイナリーオプションで大きな金額を稼いでいる人は、国内バイナリーオプション業者を使っていません。

ほとんどの方が海外バイナリーオプション業者を使っています。

 

それは、2013年に行われたバイナリーオプション規制により、国内バイナリーオプション業者は30秒や1分などの超短期取引、取引回数、最大購入可能金額などが制限されてしまった為、大きな利益を稼ぐ事が困難になってしまったからです。

その為大きな利益を狙っていきたい方や、30秒や1分の超短期取引を行いたい場合は、海外バイナリーオプション業者を利用する事をオススメします。

 

特に海外バイナリーオプション業者の中でオススメなのがハイローオーストラリアです。

ハイローオーストラリアはこちら

 

7.1分取引や30秒取引等の超短期取引はやらず、出来る限り長めの取引をすること

バイナリーオプションをやっている方は、1分取引や30秒取引など、非常に判定が短いトレードをされる方が多いです。

もちろん短くても勝てるのですが、予測不可能な突発的な相場の動きで負けてしまう事、エントリー回数の増加やエントリーまでの準備が短い事による判断ミス、短期間であるほど相場が上下に動かず引き分け負けになってしまう、などなど。

勝率が比較的下がる傾向にあり、勝ち続けていくのは非常に難易度が高いです。

 

また、低資金の方は良いですが、大きな金額をベットするとなると、例えば、バイナリーオプション証券会社のハイローオーストラリアを例に取ると、1回辺りのベット上限が20万円までになってしまいます。

なので、1勝負に20万円以上をベットするトレーダーは判定時間を長めにとって複数のポジションを1勝負に打つという形になります。

 

8.掲示板、ブログ、経済指標カレンダー等を参考に、重要経済指標時の取引を避けること

重要経済指標のある時間は相場が予期せぬ動きをし、テクニカル通りに相場が動かない事が多いです。

 

例えばYahoo!ファイナンスをご覧頂くとお分りだと思いますが、日々様々な重要経済指標が発表されています。

重要度が低い指標であれば無視しても良い場合がありますが、例えば雇用統計や失業率、要人(日本であれば日銀の黒田総裁)の発言など、大きく相場が動く指標がある前後の時間はエントリーを避けるなど対策をする事が大切です。

 

またエントリーを避けるポイントとして、マーケットオープン時間の前後は多くのトレーダーが参入する時間帯でもあり同様に予測出来ない動きになる事が多いです。

※東京市場:9時、ロンドン市場:16時(冬時間は17時)、ニューヨーク市場:21時(冬時間は22時)

冬時間は、11月第1日曜日午前2時〜3月第2日曜日午前2時

 

9.FXの知識が備わっていること

バイナリーオプションだけの勉強をしていると、小手先のロジックやエントリールールのみを勉強するだけで、正しいチャートの見方を学ぶことが疎かになっている人が多いです。

FXで見るチャートもバイナリーオプションで見るチャートも同じですし、相場を動かしているのは、FXトレーダーですので、FXの知識を付けることはバイナリーオプションの勝敗を大きく左右します。

 

例えば、サポートライン、レジスタンスライン、トレンドライン、ダイバージェンス、三角保ち合い、ピボットライン、フィボナッチ、直近高値・安値、窓開け・窓埋め、ダブルトップ・ダブルボトム、ダウ理論、グランビルの法則、マルチタイムフレーム分析、などなど。

これらの単語を知らないバイナリートレーダーは多いかと思います。

 

また、クロス通貨の連動した動き(特定通貨の異常な買い・売り)や金、原油、日経平均、ダウなどの通貨と連動するような指標も注意を払っています。

nikkei225.jpでリアルタイムの動きを確認出来ます。

 

また、重要経済以外の突発的な通貨の動きなどは、楽天FXTwitterリアルタイム検索でリアルタイムに情報を集めています。

 

10.相場分析をすること

自分の中でエントリーをするタイミング(ロジック)が決まっている場合、エントリーのタイミングが来たら片っ端からエントリーするのではなく、過去の相場を分析して、勝率が高いポイントでエントリーをします。

勝ちやすい通貨、時間帯、HighかLowか、判定時刻が長めか短めかなどなど。

エントリーする前に、過去相場に遡ってバックテストを行い、勝率計算をあらかじめ行っておけば、勝率が低いチャンスにエントリーしてしまうのを避ける事が出来ます。

※取引する前も、取引後もメモ帳やExcelなどに勝率や取引詳細を記載します。

 

基本的に過去の相場は現在も繰り返される事が多いです

同じような動きをする可能性が高いというだけで絶対そう動くとは限りませんが、根拠を増やす上で非常に強い判断材料になります。

 

11.資金管理を徹底すること

基本的に1勝負にベットして良い金額の上限は、人によって見解が違いますが、資金の2〜10%とされています。

例えば、5%を上限と決めた場合、100万円の元手のなら1ベット5万円までということです。

1度負けた後にヤケになって、設定した上限金額より多い金額をベットしてしまう方がいますが、それでは、正しく資金管理が出来ているとは言えません。

 

また、負けた後に倍の金額をベットをして、負けた金額を取り戻していくマーチンゲール法という手法がありますが、これも資金管理を行わなくてはなりません。

例えば、1ベット5万円が上限だとしたら、マーチンゲール法を使う場合も、5万円を超えない金額以内で行わなくてはなりません。

 

例1:初期ベット:20000円

→マーチン1回目:30000円

計50000円

 

例2:初期ベット:7000円

→マーチン1回目:14000円

→マーチン2回目:28000円

計49000円

 

ただ、マーチンゲールをやる場合、1回だけマーチンをやる場合、勝率が約80%以上、2回だけマーチンをやる場合、勝率が約90%以上をキープしないと結局は資金がマイナスになってしまうので、マーチンゲール法をやる場合、多くて2回までとして下さい。

マーチンゲール法は難易度が高い方法ですので、初心者の人はあまりやらない方がオススメです。

そもそもマーチンゲール法をやらなくても、1発取りで勝率が約55%以上あれば資金はプラスになっていきますので、マーチンゲール法をやらなくても勝てるようになるのが理想です。

※証券会社のペイアウト率により、キープしないといけない勝率は変動します。

 

12.メンタル管理

先ほどお話しした資金管理もそうですが、負けてヤケになって良からぬ資金管理をしてしまえば全くもって意味がありません。プロとしての自覚が無い、素人の行為と言えるでしょう。

なので、1度負けたら数時間取引を辞めたり、3連敗したら今日1日は取引をしないなどとあらかじめルールを決めておくのが良いでしょう。

 

投資をやる以上、どんなに良い手法を使っても、どんなにプロの人でも負ける時は負けます。

負けた時の対処の仕方、付き合い方というのが非常に大切になってきます。

 

また、トレードはどうしても自分との戦いになってしまい、取引に負けた時に理由が分からないかったり、間違った自己納得で済ませてしまう事が大いにあります。

そんな時は、取引した内容を相場に詳しい人がいれば見てもらい、添削してもらうのも非常に良い手段と言えます。

 

1億オーバー発生中のバイナリーオプションの必勝法まとめ

12個ほど必勝法をお話しさせて頂きましたが、いかがでしたでしょうか?

これら全ては、バイナリーオプションで億単位で稼ぐプロが当たり前のようにこなせている内容になります。

重要な事は良い手法を追い求める事ではありません。

 

多くの方は聖杯を求め、知っているだけで勝率9割以上を出せる手法があるのではないかと勘違いをしている人がいますが、残念ながらそんなものは一切ありません。

正しい知識を身に付け、ルールを守って淡々と取引すれば、収益を生み出せるのがバイナリーオプションになります。

 

是非とも、この記事をきっかけにバイナリーオプションのスキル向上に役立てて頂ければと思います。

 

お問い合わせはこちら

LINE@【ID:@xgx4750g】のご登録はこちら

LINE@画像

最新トレード戦略でシンプルに稼ぎたい人へ

裁量トレード×LINE@配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』

裁量トレード×LINE@配信システム 『Hawk AI(ホークアイ)』

バイナリーオプションをほったらかし(完全自動)で稼ぎたい人へ

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」の秘密はこちら

自動売買システム「Idle Trader(アイドルトレーダー)」